2017年12月12日 (火)

一心商事、抗議行動・要求にまともな回答せず

今なお不当労働行為を続ける一心商事株式会社(業務用インスタント茶メーカー・本社名古屋市中村区・代表取締役 森田伸二)。

 

1122日(水)、私達は東海地区の10団体約40名で会社に対し抗議行動を行い要求書(1123日のブログ記事参照)を提出した。それに対し会社側は1127日(月)に要求書に対する回答を提出してきた。

 

しかしその内容は私達の抗議行動など全く意に介さないというもの。要求に対しても完全にゼロ回答といえるものだった。そればかりか法に則って行った正当な抗議行動についても制約を求めてくる始末。

和解をしたいと口では言いながらこちらの譲歩を待つという今までのやり方を変えるつもりは全くないようだ。

 

残念ながら会社側には早期解決に向けた前向きな話をする気はないようだが、私達がやっていく事は今後も変わらない。粛々と第4回目の抗議行動を行い、継続的に行っている街頭宣伝活動も続けていく。

労働委員会や裁判の場でもこれまで通り粘り強く取り組むだけである。

 

私達が一心商事に求めているのは「法律を守って会社を運営してください」というごく当たり前の事でしかない。かなり「謙虚な」要求である。他の労働争議のようなベースアップや大幅な待遇改善のような事は何一つ求めていない。

それにも関わらず一心商事は何一つ問題の解決には取り組もうとはしないばかりか不当な解雇や隔離部屋に組合員を閉じ込めるような事を続け状況を悪化させようとしている。

 

このような稀にみる悪質さからこの一心商事の事は全国の労働運動組織に知れ渡った。もはや自らの利益を度外視しても私達と対峙しようとしている会社である。

20年の名古屋ふれあいユニオンの歴史をみてもこれほどの事例はないと言っても過言ではない。

 

残念ながら会社にはその認識はないようだが、だからこそ私達は継続して抗議行動を全国の仲間と共に続けていかなければならない。

2017年12月 7日 (木)

竹屋との第6回目及び第7回目の団交の御報告。

   11/20の19:00から株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と6回目の団交を行い、その際の申入書の項目のうち協議できなかった項目を持ち越す形で、12/4の19:00から、7回目の団交を行いました。
   今回の団交も竹屋側の決裁者が不在であり、竹屋側の弁護士を含む2名、組合から6名の参加となりました。

   まず、第6回の団交の際、会社側弁護士から梁川社長に対して、時効が発生してしまうため早急に解決しなければならない個人の処遇と未払い賃金に関する項目については「斡旋」等にて話を進めて行く方法がある旨を説明したとの話があり、第7回の団交の際に、梁川社長から「斡旋」を行って進めていくことについての了承が得られたとの報告がありました。そのため、1月の頭を目処に労働委員会に斡旋の申し入れを行えるよう組合側で必要資料の作成を行っていくこととなりました。

   次に、11月14日付で竹内正博会長に対し提出を行った「団体交渉出席に関する要請」については、竹屋側からは竹内会長は代表権も決裁権も持っていないため、竹内会長が出席しても意味がないとの回答でした。しかし、梁川社長は常々「会社と相談して…を決めている」と説明をすることがあり、会社とはまさしく竹内会長のことで少なからず竹内会長も経営に携わっていることは間違いはなく、また、株式会社竹屋の筆頭株主であること、梁川誠市氏を代表取締役社長に任命したことを踏まえ、竹内正博会長には現状の竹屋についてどのような考えをお持ちか、また今後の展望をどうお考えかを説明していただくよう強く要望しました。この回答の如何によっては今後の組合行動に大きな影響を与える内容と捉えてますので、是非未来ある回答をいただけるよう期待しています。

   他には、休みの申請が当日連絡となった際の有給申請に関し、人によって会社の対応が違う事(人によっては問題なく有給となっている)や、冬季賞与の査定結果となる人事評価の説明を求める事等を交渉しました。

   次回の団交は来年1/11を予定しております。
   今後は、梁川社長の発言にもある「会社」にも責任追及を行い早期解決を図っていきますので、他の組合員の皆様からも応援よろしくお願いします。

2017年11月28日 (火)

ユニオンセミナー合宿を開催

 11月25日~26日、ユニオンの活動を担う人材育成のために開催している「ユニオンセミナー」の一環として、合宿交流が行われた。

 忙しい中、10名の仲間が参加。二つの交渉案件を素材に、団体交渉申入書の作成の仕方、団体交渉の取り組み方を、実践方式で学習した。

 1日目は午後6時からの開催だったので、学習は短時間でまとめて、「なべ」を囲んだ交流会をたっぷり行い、深夜まで様々な話題で盛り上がった。

 2日目は、2件分の「模擬団交」を行い、参加者が労使に別れて真剣に向かい合い、本当の交渉さながらの討議が行われた。

 名古屋ふれあいユニオンは、来年20周年を迎え、あらたな運動の展開が求められる。そしてその担い手も若返りをはかる必要がある。労働運動は、守備範囲が広く、習得には長い時間がかかる。今後もユニオンセミナーなどを通じて、組合の中心的な活動を担うメンバーを増やしていきたい。

2017年11月23日 (木)

一心商事、抗議行動と要求書提出

 1122日、いまだ不当労働行為を続ける一心商事株式会社(名古屋市中村区・代表取締役 森田伸二会長)に対する抗議行動を実施。東海地域から10団体約40が一心商事に集結し、3年半前から現在に至るまで続けられている違法行為に対して抗議および解決へ向けた要求を行った。

 

 14時、代表団が本社の扉をノックしドアを開け要求書の受け取りと対談を求めると、現在副社長を務める倉地氏から応接室に案内された。そこでまず挨拶と行動の趣旨をこちらから説明し、争議行為通知書を倉地副社長に提出。次に要求書を読み上げ続けて提出した。その後代表各々が抗議と要求を口頭で伝え、外で待っている抗議団のもとに戻った。

 

 この10分程度の間に森田代表取締役の娘である常務が警察に通報したようで、外には警察官数人がかけつけていた。応接室には案内されて入っているし、物を壊したわけでもない。労働組合の正当な権利を行使し合法的な手段で問題解決を図っているにもかかわらず、なぜ警察に通報するのか理解に苦しむ。その一端を見てもやはり組合敵視が鮮明だ。常務はパワハラ事件の中心人物であり、いまだ自身が行ってきた行為について反省のない様子だった。

 

 それから全員そろって抗議の声をあげた。当該の名古屋ふれあいユニオンに続きそれぞれの団体から問題解決を会社に働きかけるとともに、地域にも呼びかけた。最後はシュプレヒコールで締めて1時間の本社前抗議行動を終了。

 

 その後岩塚駅に移動。ここは千音寺のアパートで隔離勤務をさせられている組合員Aが朝夕通勤で利用している駅。今回の街宣活動場所として、地域に呼びかけるにふさわしいと判断した。ビラまきの前に周辺状況を確認。近くにちょうど会長宅もあり、そこも通った。すると、ちょうど森田伸二会長と妻の専務がベランダからこちらを伺う姿が確認された。当方は特に何をする予定もないので、岩塚駅に戻り街宣活動を開始した。

 

 会社が中労委勧告を拒否したいま、我々は他の団体とも連携し、これまで自制していた抗議行動を今後も大規模に徹底的に実施することとした。

 提出した要求書は森田伸二会長に渡すという確約も得たので、回答期限である1127日(月)までには会長の意向も踏まえた誠意ある回答がいただけるものと願う。

一心商事への要求書

1122日、いまだ不当労働行為を続ける一心商事株式会社(名古屋市中村区・代表取締役 森田伸二)に対する抗議行動を実施。その際会社に提出した要求書の内容は以下のとおり。

要 求 書

 

 貴社はこれまでの不当労働行為について当労組と当該組合員に謝罪し、いまだ未解決のすべての不当労働行為を解決せよ

 

1 従業員2名の不当解雇をきっかけに結成した当労組一心商事分会組合員に対し、貴社はこれまで不当労働行為の限りを尽くしてきました。昨年7月には数々の不当労働行為に対し愛知県労働委員会から救済命令が発出されたにもかかわらず、貴社はその命令すらも違法に無視し現在に至っています。

 

2 さらに、愛知県労働委員会と中央労働委員会で和解協議が進められ、今年9月には中央労働委員会から和解勧告がなされましたが、貴社はそれにも応じませんでした。それだけではありません。和解協議中にもA組合員に対し過酷な環境での隔離政策を続け、C組合員に関しては休職事由が消滅しているにもかかわらず復職を認めず事実上の不当解雇に追いやりました。

 

3 組合・組合員に対する誹謗中傷、組合員を差別した賞与・賃金の減額、組合脱退勧奨、退職勧奨、脅迫、不当配転、隔離職場を含むパワハラ、団交拒否・不誠実団交、組合潰しなど、全国でも類を見ないこれらの行為が違法であることは明白です。自らが起こし行ってきたこれら違法行為の責任を重く受け止め、すべての問題を真摯にかつ速やかに解決するよう強く要求いたします。

 

4 なお、我々は和解決裂を機に、これまで自制していた抗議行動等を今後はより大規模に徹底的に進めていく所存です。また、C組合員の不当解雇問題をはじめいまだ解決されない複数の問題については、裁判を含めあらゆる手段をもって完全な勝利的解決を目指したたかい続けます。

 

 上記の当労組の要求に対する貴社の見解を、1127日(月)午後6時までに、当労組宛にご回答下さい。

以 上 

2017年11月17日 (金)

竹屋からの回答及び第6回団体交渉開催の御報告

   11/13に株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)より、前回の回答書で未回答及び不十分な回答であった項目について、前回の団体交渉から一月以上の期間をかけ社長と弁護士並びにコンサルタントを含め、社内で協議・検討したと言う結果をまとめた回答書が当組合に送られてました。

 まず、有給休暇の当日申請を認めなくなった件に関し、平成29年12月を目処に有給休暇取得の取り扱いを明瞭化し、これまでに欠勤として扱われた従業員に対しても遡って有給休暇扱いとする旨の回答であり評価の出来る内容となっています。

 次に、会社と現場との移動時間についても取り扱いを明瞭化する旨の回答がありましたが、現場への移動のパターンが様々でありそれを全て包括できた回答ではなかったため、今後さらなる追求が必要となります。

 その他には、社外顧問によるパワハラ問題、会社から勝手に行われている従業員に対する不利益変更、当組合からの注意を無視した従業員代表の署名行為についての回答項目がありましたが、どれも到底納得のいく回答ではありませんでした。

 また、当組合から再三再四決裁権を持つ梁川社長の団体交渉への出席を要望していますが、竹屋からの回答は必要であれば出席を検討するとの回答に留まっているのにも関わらず、竹屋側からは決裁権も何もないコンサルタントの出席を要望してきており、この事について当組合員とコンサルタントが一度協議を行い、協議内容を元に当組合としてコンサルタントの団体交渉への出席の必要性があるか否かの検討をしようと考えてます。

 今回の回答内容も相変わらず合理性を欠く内容となっており、解決に向けての話し合いを行う意思があるようには感じ取れません。よって今回、前社長であり現在は会長職をされている竹内会長へ要望書を送り対応を願う事としました。

 次回の第6回団体交渉は11月20日に行います。今後も徹底的に経営陣に対する追求の手を緩める事無く交渉を続けます。

2017年11月13日 (月)

法人登記を完了

このたび、本年度の大会決定に基づき、名古屋ふれあいユニオンは労働組合法人として登記を完了したので、ご報告します。

(登記内容抜粋)

会社法人番号 1800-05-017556

名称 名古屋ふれあいユニオン

主たる事務所 名古屋市中区正木四丁目8番8号 メゾン金山303

法人成立の年月日 平成29年11月1日

目的等 
目的
  組合員の生活の向上と団結を図り、働く者の権利拡大、真の民主主義と平 和な社会を追求し、組合員の経済的、社会的地位の向上、豊かな生活を実現していくことを目的とする。
 事業
 1.組合員の労働・生活条件の向上に関すること。
 2.組合員および家族の福利及び共済に関すること。
 3.同じ目的をもっている他団体との連携・交流に関すること。
 4.その他、目的を達成するために必要なこと。

役員に関する事項
代表者 浅野 文秀

登記記録に関する事項 設立    

平成29年11月1日登記

2017年10月23日 (月)

竹屋との第5回目団交の御報告

   10/19の19:00から、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と通算5度目となる団交を行いました。

   竹屋側からは当初、コンサルタントと弁護士を含む3名で行いたいとの申入れがありましたが、組合としては交渉権限や決裁権も無い部外者を団交の場に招き入れるのは、いたずらに交渉にかかる時間だけを費やすことになるとの判断から拒否する運びとなり、従来通り弁護士を含む2名と組合から6名が参加しました。

  今回の団交では、10/10に提出された回答書を元に進める予定でしたが、まず、最近社内で、すでに提出済みの36協定に記載される「従業者代表」を後追いで認めるよう従業員に対して署名させる行動を会社が行っていることについて、強く抗議を行いこれを撤回させました。

 その後、回答書の内容で「検討中」や「今後検討」といった回答が多い事を指摘し、この1ヶ月いったい何を話し合っていたのか追及したところ、梁川社長との話合いがほとんど出来ていなかった事が判明しました。

   また、組合員の一方的な降格や製造への異動については、回答書に記載された内容に対し反論を行いました。その中でも、諭旨退職に該当する程の行為を行ったが温情で降格で済ました、という趣旨の回答について、では何故それ程までの内容であったことを今まで一切説明もすることなく、ここに来て突然そんな話が出てくるのか抗議を行い、梁川社長に対しても説明責任を強く要求しました。

  そして、懲戒処分の話題が出てきた以上、会社の代表である梁川社長が交渉の場に出席し説明する事は、社会常識上当たり前でありそれを拒否する事はあり得ない事だと考えますので、改めて竹屋側の弁護士を通じ出席することを要請しました。

  これ以上、組合としても進展しない交渉に無駄に時間を割く必要も感じません。いったいいつまで梁川社長は真摯に問題に取り組む事はせずに責任回避を続けるのか。今後も団交に出席しないようであれば、経営者としての責任を世間に問うためのアプローチを行なっていきます。

2017年10月17日 (火)

今までの団交について竹屋からの回答の御報告

10/10に株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)より今までの団交について、一月以上をかけて梁川社長と弁護士並びにコンサルタントを含め社内で協議・検討した結果の回答が当組合にありました。

   結果として、大の大人が何人も集まって一月以上検討したとは到底感じられない内容であり、今までの竹屋からの回答に無理な理由付をして作成したに過ぎない内容となっていました。

   まず、残業代の未払い分に対して労働基準監督署より指摘のあった3ヶ月間について、タイムカード上の打刻時間に対する実際の時間外労働時間の割合を社内アンケートしたところ、社員の大半が時間外勤務では50%は仕事をしていましたと回答をしたたため、支払いを50%とした。
   との回答があります。しかし、
・そもそも、労働基準監督署として指定の3か月の支払いだけをしなさいとの命令はしていない。
・梁川社長は時間外勤務で100%仕事していたと回答した社員を社長室に呼び付け、パーセンテージを下げさすよう恫喝した。(録音データ有)
   特にこの社長室での梁川社長の会話内容は酷く、トイレに行った時間は認めないとか、室内で設置してあるカメラで監視しているとか、挙句の果てには業務で使用するパソコンを取り上げるとまで発言する始末です。時間外賃金の話で何故業務に使うパソコンを取り上げる話をするのか理解できません。

   また組合員に対する降格についても、当時未経験に近い状態で無理な責任と業務をさせ、問題が出てからなんらフォローもせず始末書を強要する。挙句の果てにはそれをもって降格や異動を行うこと自体納得のいく話ではありません。

   他の案件についても、今後検討します。との回答が多く、一体何を協議したのか理解に苦しみます。
   しかしながら担当の弁護士やコンサルタント、並びに関係社員の方は問題解決に向けて尽力した節は回答書から感じとれます。もし、万が一にもその竹屋内での問題解決に向けての動きに梁川社長自ら解決を妨げる動きをされているとしたら、これはとても許される行為ではありません。今後の団交には是非問題解決に向けて取り組んでいる事を竹屋側からも示す為にも、梁川社長自らが参加される事を強く望みます。

追記:10/7~10/8にかけて全国コミュニティーユニオン全国大会に参加非常に実りある交流を行いました。この竹屋の事案に対し連合福岡ユニオンも強く関心を持って頂いている事をここに報告します。

2017年10月16日 (月)

一心商事、長い闘いが始まる!

一心商事株式会社 (業務用インスタント茶メーカー・本社名古屋市中村区・代表取締役 森田伸二)。組合結成からこれまでに会社が行ってきた不当労働行為の数々。

闘いは新たな段階に入った。

 9月19日に中労委にて金銭和解の交渉が行われた。これまで組合側は数度に渡り当初の希望金額から大幅に減額した妥協案を提示してきたが、この日も会社側はそれを受け入れず金銭解決には至ることはなかった。そこで中労委は双方の希望金額のほぼ中間の金額をとった和解案を提示し、組合側、会社側共にそれを検討し10日後の9月29日に結果を伝える事になった。 

 既にかなり妥協をした金額を提示していた組合側にとってこれ以上の減額はかなり厳しかったが早期解決するのが双方にとって重要であるとの思いから、その和解案を受けるという苦渋の選択を行いその旨を中労委に伝えた。

 しかし会社側からは約束の期日になっても明確な返答はなく、「和解協議を継続したい」という言葉を繰り返すのみ。現在もちゃんとした返答はない。

 そればかりか10月2日にはC組合員に対し休職期間満了により自然退職であると通知してきた。C組合員は会社のパワハラにより適応障害を発症したが現在は回復し、会社に対して復職を申し出ていた。

また9月20日には刀事件(森田伸二代表取締役が刀を出して組合員を脅した事件)の当事者である森田伸二氏の尋問が行われた。これまで通り弁護人は無意味な質問を繰り返し、時間の引き延ばしに終始した。

このような会社側の振舞いをみると、時間稼ぎをして組合側が音を上げ妥協するのを待っているのは明白である。もうこれ以上会社の時間稼ぎに付き合う必要はないだろう。

 組合側が音を上げて妥協する事は絶対にない。今後は法廷での闘いが本格的に始まる。まずは退職させられたC組合員の地位確認を求める訴え。そして現在仮処分裁判として進行中のA組合員が「隔離部屋」での就業を余儀なくされている事への訴え。そして会社が事実上「組合潰し」を行った事への訴え。

 先日、数年に及ぶだろうこれらの3つの闘いを最後まで闘いぬく事を名古屋ふれあいユニオン、一心商事分会、顧問弁護士のチームが全員一致で再確認した。今までは控えていた抗議行動も全国の仲間の協力を得て今後は活発に行う。長い闘いが始まる。

«労使協議の申し入れに対する竹屋の回答についての御報告