« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

三河支部会議に参加

9月27日(日)、三河支部会議に参加した。

Photo

この間毎月定期的に開催されるようになり、三河地区の活動の着実な前進に寄与している。

今回は抗議行動や新しい問題への対処など、多くの議題があったため、事務局の私も参加させてもらった。

こうした組合員参加の企画が名古屋地区では弱いので、大いに参考になった。名古屋地区でも「争議対策会議」的な内容の集まりを、近いうちに始めたいと思う。

2009年9月22日 (火)

フィリピントヨタ労組を支援する

9月20日、トヨタ市内で開かれた、TMPCWA(フィリピントヨタ労組)を支援する集会に参加した。

005

トヨタ自動車のフィリピン現地法人「トヨタ・モーター・フィリピン・コーポレイション(TMPC)」で、労働者たちが約10年前、労働組合「トヨタ・モーター・フィリピン・コーポレイション・ワーカーズ・アソシエイション(TMPCWA)」を結成した。

日本と違って職場の過半数の支持を取り付けないと会社と交渉する権限が得られないが、組合がその権限も獲得したにもかかわらず会社は交渉を拒否し、なんと223名の労働者を解雇、その後長い長い闘いが始まった。

TMCPWAの労働者は警察の弾圧にも屈せず、日本をはじめ全世界の労働者の支援を受け戦い続けている。

トヨタの海外における労働者支配を象徴する事件。微力ながら応援していきたい。

2009年9月20日 (日)

事務所での学習会

9月19日、新しい事務所での一回目の学習会を行いました。

講師は酒井委員長、テキストは「ひとのために生きよう(団結への道ー労働相談と組合つくりのマニュアル)」(石川源嗣著)を使い、これから5回に分けて学習します。

今回は初回と言うことで16人が参加して、事務所はいっぱいになりました。

中味がかなりハードで、労働組合活動に対する予備知識のない人には少し難しかったかも。

特に今回は日本の労働組合の歴史を概観するないようだったのでなおさらでした。

Photo

引き続きの参加、よろしく。(今回椅子が足りなかったので、今度までに準備しておかないとね)

2009年9月15日 (火)

終電前の電車がトラブル

一昨年に一宮に引っ越してJRで通勤するようになってから、こんなにも列車の事故や故障でダイヤが乱れるものなのか、と驚きあきれる。

今日のように終電前の電車がトラブッて、名鉄への乗り換えもできないと、悲惨なことになる。

明日は少しゆっくりの出勤を許してもらおう。

パソコンで組合員専用の掲示板を覗いてみたら、松下プラズマディスプレイ事件がいよいよ最高裁で弁論開始となったことが伝えられていた。

参考 http://www.labornetjp.org/news/2009/1252933980481staff01

さて、今後の展開やいかに。

2009年9月13日 (日)

「事務所開き」に37人

9月13日(日)、ふれあいユニオンの新事務所の「事務所開き」を開催、新事務所に組合員と地域の仲間の皆さん、のべ37名が集って、行いました。

Photo_2

お客さんには、ユニオン東海ネットワークの面々(管理職ユニオン東海、ユニオンみえ、女性ユニオン名古屋)の代表や、当ユニオンから2分のところに今年4月に引っ越してきた名古屋南部法律事務所の弁護士さん、愛労連、ATUサポート市民の会、笹島日い労働組合の仲間など、様々な立場の方がお祝いに駆けつけてくれました。

広くなったとはいえ、30人を越える参加で、いっぱいになりました。でも、20人くらいなら十分交流できることもわかり、これからも大いに交流・学習に事務所を活用していきたいと思います。

駆けつけてくれたすべての皆さん、ありがとうございました。

2009年9月10日 (木)

日本人の交渉が続く

今週は毎日日本人組合員の交渉を行っている。

「日本人の」と注釈をつけなければならないほど、この間外国人労働者の交渉を行ってきた。

しかし日本人労働者の交渉が、外国人労働者の交渉より簡単というわけではない。

むしろ外国人の問題のほうが、労働基準法をはじめとした労働法に明らかに違反した経営者の対応を問題にする場合が多く、その分道筋がはっきりしている分、簡単化もしれない。

おいおい交渉内容の傾向などを報告していきたいと思う。

事務所の方は、今日でやっとほとんど収納スペースの確定ができた。しかし「この棚にはこういう資料がある」というふうに整理するには、まだまだ時間がかかりそうだ。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »