« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月18日 (火)

2011年最初の活動日誌

随分と遅くなりましたが、2011年最初の活動日誌です。今年もよろしく。

年が明けてから、1月29日に開催される組合員全体会の準備を行っています。その場で、名古屋ふれあいユニオン結成から12年間の活動を紹介することになったからです。せっかくですので、この活動日誌でも12年間の歴史を徐々に紹介していきたいと思います。

さて今回は先週あった重大な裁判について報告からはじめます。

 1月14日に名古屋高等裁判所にて言い渡された、トヨタ系特殊鋼メーカー愛知製鋼の下請企業「三築」による会社解散・全員解雇事件についての控訴審は、残念ながら「控訴棄却」の決定でした。

 当日は多くの組合員・地域の仲間が参加して、判決内容を検証しました。愛知製鋼内の偽装請負や労災隠しなどの根深い不正に目をつぶった不当判決であると言わざるをえません。今後のことは当該組合員・弁護団と十分に議論していきたいと思います。

Photo 報告集会

次に年明けから新たに交渉を申し入れたケースについて。

・M塗装
 外国人労働者が労働条件が入社時の約束とちがうことを訴える中で解雇通告を受けた事件。労災隠しの疑いもある。交渉を申し入れたら直ぐ会社側代理人弁護士から交渉受諾の連絡があった。

・T事務所
 某政党の名古屋市議を務めるT氏に「秘書」として雇われた労働者が、長時間の雑用を強いられたにもかかわらず、約束されていた給与額が支払われないため改善を求めたところ解雇された、と訴えている事件。
 何かと騒がれている名古屋市議だが、政治家に雇われた労働者の雇用や労働条件については話題になっていない。その実態をしっかり知って、道理にかなった解決を求めていきたい。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »