« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

対策会議&忘年会

26日(土)

月例の争議交渉対策会議は、この間の相談の増加と交渉案件の増加を反映して多くの組合員の参加で行われました。

Photo

その後、12月17日に予定されているユニオン忘年会に向けた打合せをおこなったのち、労働基準法をテーマにした定例学習会を開催しました。

Photo_2

2011年11月23日 (水)

交渉報告(4件)

21日と22日にかけて4件の団体交渉を開催したのでご報告します。

22日(火)

アルテック(労働条件)

アンデンの請負企業。ブラジル人の組合員たちの、過去における休業時の補償や、自由な有給休暇取得をめぐって協議。大きな前進を得た。(詳しくは三河支部ブログを参照)

愛知鋼管(雇い止め)

興和工業所への派遣。ブラジル人労働者が勤務態度を主な理由に派遣契約のこうしんを拒絶された事件。雇用契約の継続を求めるも、会社との認識に大きな隔たりがあり困難。

ブリックス(解雇)

焼肉店「牛角」の店長が、突然「不正行為」を理由に事実上の解雇を通告された事件。本人の弁明も十分に聞かず、一方的に不正行為であると断じた対応を批判。次回12月7日の団交での解決をめざす。

21日(月)

ケーツーテック/高浜化成(解雇・労災)

前身の会社から含めると15年勤務してきた職場で事故に遭ったブラジル人労働者が、解雇通告を受けたが、その後労災認定され、重い後遺症も残ったこと等を含めて会社に補償を要求。数度の団交をへて、最終的な要求を提起。会社が検討を約束したので、次回12月8日の次回団交での解決を目指す。

交渉の一方で、この間毎日のように面接相談者が来訪し、新たな交渉申し入れにいたるケースが続いている。相互に争議支援を行うことで全ての問題の早期解決をめざしたい。

2011年11月20日 (日)

先週の報告

先週は更新が滞ったので、概略報告します。

20日(

ベストマン・村橋社長に対し、問題の解決に向け直ちに団体交渉開催を求める抗議・宣伝活動を展開。               

交渉等は先週に比べ少なかったが、相談・打合せ・交渉申し入れ書の作成・提出等忙しい一週間でした。

19日(

二件の交渉について打合せ

18日(金) 

名港陸運事務折衝

偽装請負から直接雇用になった運転手たちの労働条件、働きやすい職場作りに向け奮闘中。

コロナ工業第1回団交

今年5月から、「企業再生支援機構」の支援のもと、職場再編が進められ、10月になり名古屋工場の閉鎖が通告され、多くの労働者の雇用継続が困難になっている。職場に労働組合がなかったため、労働者の意見が十分に反映されないまま来年2月の閉鎖が刻々と迫っている。労働者の意見が尊重される問題解決に向けて努力していきたい。

夜 東京アカデミー降格事件裁判闘争の打合せと、会社廃業・解雇を目論むベストマンへの取り組みを検討。

17日(木)

交渉打合せ(2件)

フタバ産業裁判(豊橋裁判所)

16日(水) 

裁判打合せ、面接相談、交渉打合せ等を行う。

15日(火)

エムズコーポレーション裁判(岡崎裁判所)

解雇事件について和解協議(続行)。

一職場の分会会議に出席

夜、ユニオン共同行動に参加する組合と懇談会

14日(月) 

4件の交渉についての打合せを行う。   

2011年11月13日 (日)

よこはまシティユニオン合宿に参加

11月12日から13日の二日間、横浜にあるユニオン「よこはまシティユニオン」(ユニよこ)の討論合宿にゲストとして参加させていただきました。

私は横浜で職場の労働組合作りを経験し、実はユニよこには昔の仲間がたくさんいます。今回お招きいただいたのもそんな縁からでした。

約30人の参加で行われた合宿は、余裕をもったスケジュールで、参加者同士の交流を重視してました。そして常に参加者に笑いの絶えず、とても楽しい二日間を過ごさせていただきました。

Yuniyoko ワークショップの様子

私も二日目につたない報告をさせていただきました。

ユニよこをはじめ、神奈川のユニオンの活動は、愛知県のユニオンの活動の参考になることが多いと私自身は思っています。ユニよこの皆さん、これからもよろしくお願いします。

2011年11月12日 (土)

交渉報告その2

11日(金)

今週5件目と6件目の団体交渉を開催。共に三河の企業で働く外国人労働者の問題でした。

金剛製作所(またはコンゴー)

社会保険加入を求める交渉を行ったら、「コンゴー」は社会保険に入らない外国人用につくっった会社だから、社会保険に入りたいなら金剛製作所に入らなければならない、という回答。

フルタイムの外国人労働者を、数十名常用で雇用している「コンゴー」が社会保険加入手続きを行わなくてもいい、などという理由はどこにもないのだが。

職場の労働者の雇用にも配慮しつつ、違法な状態をなくす交渉を進めていきたい。

アイシン精機

病気あけの労働者が軽い労働への転換や長時間残業をしないことを認められなかった、結果退職に追いやられた、という労働者の主張に対し、会社からはそうした事実はなく、会社の対応に問題はなかった旨の報告を受けた。

相談を受けたときの通訳が確保できず、本人の意思・意見をしっかり団交で伝えることができなかった。結果、交渉相手にも迷惑を掛けることになった。再度事実確認をした上で団交に臨みたい。

2011年11月10日 (木)

交渉報告

9日(水)

昨日・今日の二日間で3件の団体交渉が開催されたので報告します。

8日(火)聖霊会

宗教法人で長年勤務し、来春60歳定年を迎える女性労働者の退職金及び定年後嘱託再雇用の際の労働条件を中心に交渉を行った。

今回は嘱託契約の際の労働条件案が提示されたが多くの問題を内包している。年内に開催予定の団体交渉で、大きな前進をかちとりたいものだ。

9日(水)

午前・トラスト(派遣会社)

社員が残業したときの賃金が、通常の2割五分増しではなくただの二割五分という会社に、まともな残業手当を払うよう要求しているのだが、未だグダグダした対応を続けている。

派遣スタッフの残業手当も労基法違反は間違いない。誠意ある回答がなければ問題は更に大きくなることを会社は認識すべきだろう。

夕方・日本放送協会(NHK)

「皆様の」NHKを支える受信料の契約を拡大するのは「地域スタッフ」という名の委託契約者に担われていることをご存じだろうか。

団交では、委託契約にもかかわらず分刻みで時間管理されていることがわかった。そして本契約採用を拒否された労働者が、NHK職員の恣意的、ご都合主義的決定を不服として交渉に臨んだ。

また、新たに交渉の申し入れを行った問題もあり、当分団体交渉を頻繁に行っていくことになりそうだ。

2011年11月 8日 (火)

11月第2週の予定とかね貞との協議

7日(月)

今週は「団交週間」。以下の団交が行われる。

7日 かね貞労使協議
8日 カトリック聖霊会
9日 トラスト
〃  日本放送協会(NHK)
11日 コンゴー団交
〃  アイシン精機団交

今日は、労災に対する補償について、かね貞と労使協議を開催。労災を連続して引き起こしてしまった責任は重いが、重大な後遺症の残った労働者2名に対する今回の補償協議に関しては、話し合いに誠実に対応されており、是非円満な解決を期待したい。

2011年11月 3日 (木)

11月1日(火)

ユニオン共同行動が行われました。

いずれも現在団体交渉を拒否しています。問題解決に向け話し合いに応じよ!

誠実に対応せよ!

Shirogane_2

白金鍍金(愛知連帯ユニオン)派遣会社不当解雇事件

Kasumi_2 

レストラン霞(笹島日雇労組)監禁事件

Akademi1

東京アカデミー(名古屋ふれあいユニオン)不当降格事件

Akademi_2 

東京アカデミー(その2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »