« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月29日 (木)

仕事納め

本日29日は、仕事納め&事務所の大掃除を行いました。

大掃除には、約10人の組合員の皆さんに参加していただき、おかげで大変な大掃除を時間通り終えることが出来ました。

2011年は、ふれあいユニオンにとって、多くの新しい仲間を迎えると共に、結成以来最も多くの交渉に臨んだ年でした。

来年以降も、厳しい経済環境のもと、雇用や労働条件、職場の人権、安全に関わる問題は、さらに深刻さを増し、多数の相談が寄せられることが予想されます。

ふれあいユニオンはまだまだ小さな地域労組ですが、国籍や職種、性別、年齢等の区別なく、働く者同士がが助け合う労働組合として、これからも進んでいきたいと思います。

来年2012年もよろしくお願いします。

(12月30日~1月4日まで、ユニオン事務局はお休みをもらいます)

2011年12月22日 (木)

新規交渉申し入れ情報

この間新規に交渉申し入れを行った事案は下記の通り。

コロナ(パート/解雇)
  食堂勤務の労働者が「つまみ食いをした」との理由で解雇された事件。労働局や労働委員会のあっせんで解決できず、組合に参加し交渉申し入れ。

郵便事業(株)名古屋北支店(契約社員/雇い止め)
 入社直後に労災に遭ったことを理由に、雇用契約を一方的に長期から短期に変更させられた事件。雇用継続を求める。

アイシン・コラボ/リコージャパン(派遣/雇い止め)
 受付業務で4年勤務してきた2名の派遣社員に対し、次期更新の確認があったにもかかわらず、派遣先が派遣を使わないため、との理由で12月雇い止めが通告された。一方で実際は会社は同じ派遣先の求人をしていた!2名の雇用継続を求め団交を申し入れ。

2011年12月20日 (火)

かね貞・労災協議調印

19日(月)

一昨年から昨年にかけ、ペルー人の派遣労働者二名が、派遣先の食品メーカー「かね貞」で労災事故に遭い、重い後遺症が残ったことへの補償問題について協議を重ねてきましたが、今回円満に解決し、19日調印式を行いました。

労災事故自体は極めて残念なことですが、安全配慮に責任を持つべき派遣先企業として、補償協議に対し当初より誠意をもって取り組まれた会社の対応は、率直に評価できると思います。

2011年忘年会を開催

17日(

八熊コミュニティーセンター(尾頭橋)で開催した2011年忘年会は、40名近い組合員や賛助会員の参加で楽しく行うことができました。

今年の忘年会は、二度の実行委員会を行い、当日も多くの組合員が協力して料理や会場準備をして、おいしい料理を堪能でき、また会場を借りきったので時間たっぷり交流できて、とてもよかったと思います。

今年もあと少し。懸案の交渉や裁判に取り組み、新しい年を迎えましょう

2011年12月16日 (金)

交渉報告

ここ二日間の交渉報告をします

15日(木) トヨタクレーン (賃金支払い等)

入社後の社外研修費とその間の賃金支払いについて交渉し和解。

14日(水) 富士商工 (解雇等)

同居しているブラジル人労働者が一緒に休んだところ、クビを言い渡されたにもかかわらず自己都合扱いにされていた、として交渉。退職届も出していない。

交渉に臨みながら主張を裏付ける資料を何一つ提示できない会社に対し再考を強く訴えた。

2011年12月14日 (水)

裁判報告&交渉報告

13日(火) 「団交報告」

今日から週末まで毎日団体交渉が続く。

今日の団体交渉の相手は派遣会社。ユニオン事務所で開催。

派遣会社の営業社員の配転をめぐる交渉。この間、リーマンショック以前の愛知県ではありえなかった派遣会社の管理・営業業務を担っている方が組合に加入して交渉することが多い。厳しい労働実態が交渉を通じて明らかになることもある。継続協議。

12日(月) 「裁判闘争」

本日は名古屋地裁を舞台とする2件の事件が重なったので、相互支援する体制で臨んだ。

地裁1階ロビーにはふれあいユニオンの仲間を中心に20名近くの労働者が支援にきてくれた。

1件は名古屋女子大中高学校を経営する越原学園を相手取った、解雇無効を訴える裁判の第1回目。原告の労働者が敢えて意見陳述を行い、妊娠を理由とした事実上の解雇の不当性を訴えた。

2件目は老人介護施設を運営する愛知玉葉会を相手取り、労働者に対する不当処分の撤回と謝罪を求めた訴状を裁判所に提出した。提出後記者会見も行った。

どちらもこれから長い闘いになるので、ユニオンがしっかり支援していきたい。

2011年12月11日 (日)

コミュニティーユニオン全国運営委員会&厚生労働省交渉

1週間遅れの報告です。

12月3日~4日

コミュニティーユニオン全国ネットワークの全国運営委員会が東京で開催されました。

111203_173455_2

来年京都開催する全国交流集会や、これからのユニオンを担う人材育成のための活動についてなど、協議しました。

12月5日午前中には、全国ネットとして、昨年に引き続き厚生労働省交渉を行いました。

Kouseiroudou_2

交渉報告等

2週間、更新が滞っていたので、簡単にこの間の交渉報告を行います。

(12月)

8日

九九プラス(1回目)

ローソン100を経営する会社で、持病を持つ労働者が配転を強く求められている労働者が、配転の取り消しを求めて交渉。継続協議。

ケーツーテック/高浜化成団交(11/23の報告を参照)

外国人の労災に対する会社補償を求めて交渉し、2年越しの交渉をへて今回妥結が成立した。

アイシン精機団交(2回目)

外国人労働者の退職時の経緯をめぐる交渉。継続協議。

7日

ブリックス団交(2回目)

焼き肉の「牛角」店長が、不当な理由で退職に追いやられたとして交渉を申し入れ。継続協議。

5日

ロピア団交(火)

外国人労働者の重大労災(7級の後遺障害)について、機械の構造の欠陥や作業指導の不備等を理由に会社の補償を求める。継続協議。

2日(金)

コロナ工業団交(2回目)

経営難で前経営陣が退陣し、新たに経営権をにぎった経営陣が名古屋工場閉鎖方針を打ち出し、多くの労働者が退職を余儀なくされている。継続協議。

1日(木) 

ダイヤモンドパーソネル団交

派遣労働者に対する派遣元・先からの不適切な対応への謝罪、不当な処分の撤回を求めて交渉を継続中。

(11月)

29日(火)

NHK団交(2回目)

NHKの受信料契約を担う「地域スタッフ」の本契約を拒否された労働者が、契約拒否にいたった経緯・結果を不当として交渉を申し入れ、二回目の交渉を行ったが、交渉は決裂。本社への申し入れ等を準備。

 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »