« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月27日 (金)

ベストマン廃業の真相

 一宮市の派遣会社、株式会社ベストマン村橋廣由社長)が、本年2月、「整理廃業」を理由に2名の従業員を解雇した事件は、従業員が一宮裁判所で実質的に同一の会社である株式会社ベストマンace同社長)を被告として地位確認の訴えをしたところ、社長はベストマンaceをも廃業させてしまった。

 村橋社長は徹底して姑息な手段で経営責任を逃れようとしているが、これまで会社を私物化し私腹を肥やしてきた同社長を許すわけにはいかない。

  そもそも従業員2名はベストマンの社員として長年会社に貢献してきたが、昨年3月節税対策でベストマンaceが設立され、それまでのベストマンでの給与を勝手に二つの会社に振り分けて払われるようになった。

   賃金も減額され残業手当も支払われない現状に対し、従業員がふれあいユニオンに加入し、まともな労務管理の確立と共に過去の未払い賃金を請求したが、会社はこれに答えなかったため、2名は同年9月ベストマンに対し未払い賃金支払いを求める裁判を提訴。

 しかし会社のお金を自分の娯楽にさんざん使ってきた社長は、なんと会社をつぶすことで労働者の要求を封じ込めようという暴挙に出たのだった。

 会社はベストマン廃業・2名の解雇の要因として、あろうことか、従業員が組合に加入し未払い賃金を請求したことや正当な宣伝活動をしたことを理由にするなど、不当労働行為丸出しの主張をし、ベストマンace廃業の際にも同様な主張を繰り返した。

  しかし、裁判所においては廃業が経営上の理由であると主張を変えたが、赤字を作った原因がまさに社長そのものであることは、今後次々と暴露されていくはずである。

 社長の暴挙により、2名の社員だけでなく、多くの派遣スタッフが雇用を失った。村橋社長の罪は限りなく大きいと言わなければならない。

  8月21日(火)午前10時から、一宮裁判所にて次回裁判が行われる。多くの傍聴で裁判の行方を注視していただきたい。

2012年7月21日 (土)

東京アカデミーに抗議及び職場環境改善の申し入れ

7月20日

東京アカデミーに対し、「抗議及び職場環境改善の申し入れ」を行った。

当労組組合員が、出退勤時あいさつをしても無視される状態について、職場のパワーハラスメントの典型的な行為類型(隔離・仲間外し・無視)にあたる、等を指摘し、良好なコミュニケーション、強調の図れる職場環境とするよう申し入れた。

会社の誠意ある対応を期待したい。

東京アカデミーに対し賃金・賞与に関する団体交渉を申し入れ

7月20日

本日東京アカデミーに対し賃金・賞与に関する団体交渉を申し入れを行った。

すでに同様の団交申し入れを5月8日、6月20日に行っているが、会社は文書による回答をくりかえしいまだ団体交渉の開催に至っていない。この間に組合員の賃金・賞与が一方的に通知され、引き下げられた賃金がすでに支払われており、団体交渉開催は緊急を要する。

今回の申し入れでは、「団体交渉の開催に応じない場合は、労働委員会に不当労働行為救済申立を行うことになる」旨も通知した。会社の誠意ある対応を期待したい。

2012年7月17日 (火)

7/17 トゥエンティファーストと団交

7月17日(火)の予定

午前中 トゥエンティファーストと雇用問題で団交

同社とは別件で裁判闘争中である。

午後 翌日の交渉に向けた打合せ

2012年7月14日 (土)

第4回運営委員会

7月14日

名古屋ふれあいユニオン・第14期第4回運営委員会を開催。

2012年7月13日 (金)

ふれあい通信作成・発送

 7月12日は東京アカデミーの裁判がありました。会社側が当労組組合員を名誉毀損で訴えたという事件ですが、会社側弁護士は裁判所には来ず「電話会議」ということで電話だけでの参加、組合側は弁護団としてしっかり参加し、私たちも見守りました。

 今後も、降格及びパワハラ問題、名誉毀損問題の裁判がたくさん入りますが、いずれも労働者と労働組合の「権利」に関わる重要な問題ですので、しっかり取り組んでいきたいと思います。

7月13日 …「ふれあい通信」No151を組合員の協力を得て作成・発行します。

2012年7月12日 (木)

7月12日の予定

午後2時30分~ 東京アカデミー名誉棄損問題裁判

組合活動の一環として、東京アカデミーで発生している問題を、当労組との団体交渉で明らかになった内容も含め報告したブログ記事について、会社が「名誉毀損」として訴えた裁判。

組合はこの間、記事の真実性、公共性についての主張を展開し、名誉毀損にあたらないことを明らかにしている。

2012年7月11日 (水)

ジブラルタ生命保険と団交

7月11日の予定

ジブラルタ生命保険と解雇事件に関する団体交渉を開催予定です。

2012年7月 6日 (金)

7月6日は東京アカデミーあっせん&裁判

7月6日の交渉・裁判

東京アカデミー・愛知県弁護士会あっせん

午前10時~ 愛知県弁護士会館

東京アカデミー降格パワハラ裁判

午後2時~ 名古屋地方裁判所

2012年7月 4日 (水)

トゥエンティファーストに団交申し入れ

7月3日

トヨタ系のアンデン岡崎工場内で労働者を就労させている、トゥエンティーファースト株式会社に対し、雇い止め通告を受けたブラジル人の問題について、団体交渉の申し入れをFAX及び郵送で行いました。

トゥエンティファーストは現在偽装請負と男女差別賃金の問題で当労組と裁判闘争を行っている企業です。

7月4日は交渉・裁判等はありません。

2012年7月 3日 (火)

本日の報告と明日の予定

7月2日(月)多忙でした。
午前中  医療法人悠山会団交(介護職員)
午後   相談・加入(派遣社員)
夕方   弁護士打合せ(3時間に及ぶ)
夜     事務所にて事務処理

7月3日(火)予定
午後 ベストマン解雇未払い裁判(一宮裁判所)
夕方 ブラジル人、交渉に向けた打合せ

2012年7月 2日 (月)

7月1日三河支部会議報告と、7月2日の予定

7月1日

三河支部に参加。外国人+日本人で15人ほど参加して行われた。交渉が解決した人からの報告、病気や障害がある組合員に対する対応、裁判報告(トゥエンティーファースト・アンデン)などを議論。

終わってから、相談にきたブラジル人の話を聞き、組合へ加入し会社と交渉する方向で決まった。交渉内容については後日報告予定。

7月2日(月)

以下の通り団体交渉1件、相談1件、裁判1件、弁護団会議1件が予定されています。

団体交渉…医療法人悠山会と、介護職員の雇用・労働条件について交渉(第1回交渉)。

裁判  トゥエンティーファスト及びアンデンと、雇用や差別賃金について裁判中。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »