« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月20日 (水)

裁判・労働委員会が前進

先週は裁判・労働委員会が集中し、大きな前進が見られた。

一部の裁判では和解協議が進展。

団交拒否と不当解雇について、労働委員会に不当労働行為救済申立を行っている株式会社ワールド(本社稲沢)解雇事件は、今月中に団体交渉が行われることになった。 

会社は労働組合、特に私たちのような企業の枠を越えた地域労組に対し、過度に対立的な対応を示すことにより、問題がより大きく深刻になることがしばしばある。

会社に助言を与える社会保険労務士がミスリードすることも最近増えている。ワールドがその典型例と思われる(会社自身が社労士から誤った指導を受けたことを認めている)。

一方私たちも会社に申し入れを行う際、誤解を与えないような取り組み方を検討する必要があろう。断固とした姿勢と丁寧な説明を両立させた申し入れにこころがけたい。

 

 

2013年3月10日 (日)

全ての裁判・労働委員会の勝利を!

今週は、組合が取り組んでいる裁判・労働委員会が目白押しです。すべての争議の勝利に向けて頑張りたいと思います。

3月
11日(月)

ワールド・解雇無効仮処分裁判(名古屋地方裁判所)
 不当労働行為による4名の労働者の解雇撤回を求める
アンデン・トゥエンティファースト裁判(岡崎裁判所)
 偽装請負・男女差別に対する損害賠償等を請求

12日(火)
ベストマン裁判(一宮裁判所)
 解雇・未払賃金について無責任経営者に損害賠償を請求 
越原学園 (名古屋地方裁判所) 
 妊娠を理由した解雇撤回を求める

 
15日(金)
フィジカル・対管財人裁判(名古屋地方裁判所)
 破産を口実にした解雇の無効を主張
ワールド労働委員会(愛知県庁西庁舎)
 団交拒否・不当解雇を不当労働行為として救済を求める

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »