« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月28日 (金)

ヴイテックプロダクト裁判、解雇無効の勝利判決!

株式会社ヴイテック(自動車用樹脂部品の設計・開発企業)の子会社であるヴイテックプロダクトは、病気休職中の労働者が労使協定に基づいて職場復帰を申し出たところ、不当にも解雇を通告した。

名古屋ふれあいユニオンは直ちに団交を申し入れ、労使協定の意味を懇切丁寧に説明して労働者の雇用継続・職場復帰を求めたが、会社は頑迷にもこれを拒否。解雇撤回の裁判を岡崎裁判所に提訴した。

そして本日3月27日判決期日を迎え、裁判所は原告の主張通り、解雇無効=従業員の地位確認、判決確定までの賃金支払いをいいわたした。

ふれあいユニオンとしては、先日の市川鉄工所地位保全仮処分命令に続く完全勝利判決である。

ヴイテックプロダクトはいたずらに争いを引き延ばすことなく、判決を受け入れて、労働者を直ちに職場に戻しなさい!

2014年3月18日 (火)

東京アカデミー・平成25年冬期賞与交渉が解決

東京アカデミーとは、夏期賞与の交渉が労働委員会のあっせんで解決し、引き続き冬期賞与交渉に取り組んできましたが、3月7日付で会社側回答を受諾する旨を連絡し、解決しました。

その後会社より、組合が検討と回答を依頼した下記四項目について、会社からの回答がありました。
①従業員個々が受け取る賞与の金額の計算式を開示すること
②支給率表示を今後どうするか
③全社員平均の支給率を回答できるか
④賞与原資についてどのように確定しているかの説明
⑤かつて賞与について会社が発行した、査定に関連する『評語分布』『成果係数のピッチ・算出・適用取扱い』についての説明

この間の交渉を通じて、賞与の決定方法について、はじめて詳細な報告を受けるなど一定の成果はありましたが、生活を潤すに足る賞与の支給、さらには安心して働ける給与制度の改善には、東京アカデミーで働く多くの仲間の協力が必要があることを実感しています。

東京アカデミーにおいて、長年働き続いていくに足る労働条件を実現するために、多くの仲間を当労働組合に結集して会社に要求を突きつけられるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

2014年3月11日 (火)

なかいち事件(退職前の有給休暇使用問題)、労働委員会で解決

 株式会社なかいち(名古屋市中央卸売市場内)は水産物及び水産物加工品の卸売業。そこで7年間勤務した労働者が会社を退職する際、それまで使えなかった有給休暇を使って後退職する旨通知したことに対し、遅刻が多いことを理由に有休を認めず会社が自主退職扱いにした事件。

 交渉でも会社は同じ理由を繰り返し有給休暇の取得を認めなかったため交渉は決裂。組合が愛知県労働委員会にあっせんを申し仕立て3月3日にあっせんが開催され、解決しました。

 類似の「退職トラブル」をよく聞きます。日頃から有給休暇を認めない会社が、辞めていく労働者の有給休暇取得を素直に認めないことは充分予想されること。組合としてしっかりと監視し、違法な対応を許さないよう企業や労働基準監督署に申し入れていきたいと思います。

2014年3月 4日 (火)

ブラジル人女性達が男女賃金差別を訴えた裁判をやりきった!

日本の職場に今も蔓延する男女賃金差別。当労組のブラジル人女性達がそれに挑戦し、裁判の場で4年間取り組み、今回(3月3日)貴重な和解にたどりついた。

相手企業は人材派遣・請負業「トゥエンティファースト」、働いていた場所はトヨタ系の部品会社アンデン岡崎工場

愛知県には彼女たち同様、男性と同じような仕事に就きながら給与の低い女性労働者がたくさんいる。特に外国人労働者は差別を訴えるすべがなく、放置されているケースが多い。

今回の闘いはそうした労働者に大きな希望を与えたと組合としては考えている。同じ悩みを持っている人たちは、諦めずにユニオンに連絡して欲しい。

NPO法人「ルーキーズ」は従業員の給与を支払え!

高校を中退した球児に野球と勉強の場を提供するNPO法人ルーキーズ(本部 常滑市)。その活動を描いた「ホームレス理事長~退学球児再生計画~」というドキュメント映画には多くの識者が好意的なコメントを寄せている。

しかし、この法人、雇用した労働者にまともに賃金を支払っていない。そのうちの2名がユニオンに加入して未払い賃金の支払いを求めて交渉をしているが、交渉が前進をみないため、同法人を支援したり認可を与えている行政に対し申し入れを行った。

 様々な事情で高校をドロップアウトした球児たちに再び野球と勉強の場を提供するという崇高な目的を持ち、各種団体の支援を受けながら運営されているNPO法人が、その一方で職員に低賃金・超長時間労働を強いながら、その低賃金すら何度も未払いを続けている実態を、許してはならないだろう。

 法人及び理事長は誠意ある対応を示せ! 未払い給与を直ちに支払え!

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »