« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月 7日 (日)

公開学習会のお知らせ

名古屋ふれあいユニオン主催:8/26公開学習会
労働組合と憲法改悪を考える!

☆参院選で3分の2を取った改憲勢力は やれるところから変えてゆくと言う。緊急事態条項からか?
☆自民党の改憲案の検討を通じて、安倍政権のねらいを全面的にあきらかにする!
☆28条の労働三権、25条の生存権、27条の勤労の権利はどうなる?
☆アベノミクス破たんで格差と貧困に陥った労働者・若者を経済徴兵制で戦争に動員し協力させるのでないか?

講師:中谷雄二弁護士
              名古屋共同法律事務所
    安倍政権の暴走を止めよう共同行動実行委員会共同代表
日時:2016年8月26日(金)18時30分~
場所:イーブルなごや(女性会館)第一研修室
               地下鉄名城線東別院1番出口東へ徒歩3分

2016年8月 1日 (月)

7月30日、争議交渉報告会を開催

7月30日(土)ユニオン事務所にて、今期第2回目の「争議交渉報告会」を開催した。

 冒頭、解雇・セクハラ事件が解決したアリアーレビューティー専門学校の組合員より、解決報告が行われた。(7月30日付活動日誌参照)

 次に、昭和区にあるヒロジ調剤薬局の経営者が、退職後誹謗中傷しないこと約束した協定書に反し、組合員に対しいやがらせを続けていることに対して組合が団体交渉を求めたが団交に応じないことについて、中央労働委員会と名古屋地方裁判所で闘っているが、当該労働者から報告と支援要請がなされた。

 その後、運営委員より、現在の組合の職場活動・交渉・労働委員会・裁判についての概略について報告を行った。
 
 この間、組合員の皆さんの協力により、いくつかの交渉案件が解決にいたり、個別事案に関する交渉件数は15件程度に整理され、着実に交渉を進めている。
 最近交渉を開始した、社会福祉法人愛生福祉会(名古屋市北区)や盟和精工(名古屋市港区)の仲間から交渉に向けた決意が述べられた。

 裁判については、解雇や未払賃金をめぐり主張がをくりかえされているものもあって、10件の裁判が審議されている。清水工務店(解雇・知立市)、内田石材(解雇・未払賃金 名古屋市天白区)、名港陸運解雇・知多市)、三栄工業(解雇・小牧市)などである。

 労働委員会への不当労働行為救済申立は現在4件について審議が進められ、うち2件は東京の中央労働委員会に舞台を移している。一心商事(名古屋市中区)やヒロジ調剤薬局(前出)など。

 みなそれぞれに健康や生活にかかわる問題を抱え、解決に向けて努力している。個人加盟制の労働組合として、一つ一つの闘いに丁寧に取り組んでいきたい。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »