« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月28日 (水)

愛生福祉会で何が起きているのか?

   介護施設を多数運営している社会福祉法人愛生福祉会(本部 名古屋市北区)安田荘で、介護職員として働いていたYさんが、退職届は上司より「介護職が向かない」「入居者や職員に迷惑をかけている」「新しい職を探して」などと強く言われ書かされたものだ、として雇用の継続と、職場のパワハラ防止を求めて交渉している。Yさんは法人内のパワハラで適応障害を発症し心療内科に通っている。

 同法人は、「Yさんへのパワハラはなく、注意もしていない。自分の都合で辞めた」と主張しているが、この間同法人では何人もの職員がうつ病や適応障害になり、「一身上の理由」で退職したケースが後を絶たない。

 団体交渉で、それらの人たちの声を伝えても、積極的に調査・改善する姿勢が見られない。法人の姿勢が改められない限り闘うというYさんを組合は守り支援していきたい。そして同法人で働くこころある人たちが声をあげることを期待したい。

夏休み明け以降の交渉申し入れ案件

8月中旬以降、さまざまな相談を受ける中から、続々と新しい職場での交渉が行われています。働く者の権利と生活のために、すべての交渉で成果をあげたいと思います。

アルデバラン(社員/解雇・賃金未払等)
 訪問介護事業所の管理者兼サービス提供責任者が、経営者に業務改善を申し入れたら解雇を言い渡された。解雇撤回・時間外賃金未払等を申し入れ。

尾野藤建設(ブラジル人/労災)
 台車で木材を運搬中に左手小指を挟まれる労災に遭った労働者が、障害等級14級の後遺症が残り、労災療養中に不当な解雇を受けた事に対し、損害 賠償・慰謝料の支払いを求め交渉を申し入れ。

マキシムレイ(社員/賃金未払等)
 1年半ほど勤務して退社した会社に対して、在職中に不当に差し引かれた 賃金の支払い、積立金の返還、雇用保険未加入期間についての遡及加入等を求めて、交渉を申し入れ。

ポップリベット・ファスナー(社員/退職強要)
 繰り返される退職強要に対し、退職強要をすぐに止めること、退職強要に 何らか理由があるのであれば、詳細を明らかにすること等を求めて交渉を申し入れ。

トーアクリーン(ブラジル人/解雇等)
 周りのみんなと喧嘩するから明日から来なくて良いと解雇された。解雇の撤回と補償、ボーナスの支給、社会保険加入に伴って減額された時給と元の時給の差額の支払いなどを求めて、交渉を申し入れ。

ゆたかサービス・豊川グランドホテル(社員/解雇・未払賃金等)
 労働条件が通知書と大きく異なるため一度退職の意思表示をしたがすぐに撤回し認められた。しかし、その後一度辞めるといった人間は使えないから、という理由で解雇された。また、賃金の計算方法が不明で、未払賃金が発生している。解雇撤回、未払賃金の支払い等を求めて、交渉を申し入れた。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »