« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

一心商事がまたも不当配転を強行~仮処分裁判を申立

  これまで二年半以上に渡り数々のパワハラ行為を組合員に対し行ってきた一心商事株式会社(本社:名古屋市中村区・インスタント茶製造販売・森田竜樹社長)がまた新たなパワハラ行為を仕掛けてきました。

  約2年前に事務職から工場での製造職に不当に異動させられていたS組合員に対し営業職への異動辞令が出ました。その営業での職務内容は名古屋駅周辺のビルに入っているオフィスにひたすら飛び込みで商品の売り込みをしてまわり名刺をもらってくるというもの。しかも10分に1枚名刺をもらうのがノルマで9時から18時までお昼休みの1時間を除く8時間で48枚の名刺をもらえなければ20時まで残業しなければならないという過酷な内容でした。 

 10月末にこの異動辞令が出され実際にこの業務を行うまでの間にS組合員は「ノルマ制で給与カットがある」「かなりきついから辞めた方がいい」などという脅しや退職勧奨を匂わせる言動を会社の意として聞かされてきました。そのようなストレスと不安を抱える中、11月22日に会社の要求する業務を行いましたがやはり心身ともに疲れきってしまい心療内科で適応障害の診断を受けるに至りました。

 この事に対しS組合員は11月22日付で名古屋地方裁判所に配置転換の効力停止仮処分申立書を提出しました。そもそもS組合員が不当に事務職から工場での製造職に異動させられている中、会社はこのように更なる異動命令を出して組合潰しを行っています。刀事件をはじめ数々の不当労働行為を会社は行ってきましたがそれを反省する気は全くないようです。

 また一つ新たな戦いの場がもうけられましたが当ユニオン及び一心商事分会は最後まで粘り強く戦いたいと思います。

(一心商事の悪事に対する裁判判決・労働委員会の決定の記事)

一心商事・刀剣事件裁判で全面勝利判決!http://zoroku.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-4579.html

一心商事事件、不当労働行為救済の命令出る!http://zoroku.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-199b.html

2016年11月11日 (金)

新規交渉報告

この間、週に1~2の新規交渉を申し入れる状況が続いています。一方で、組合員の仲間の精力的な取り組みにより、ここ1ヶ月で10件ほどの交渉が解決に到りました。

 問題を抱えている皆さん!泣き寝入りする前に、組合にご連絡ください。解決に向けたアドバイス、組合に加入して問題を解決する方途など説明します。

エムオー企画/寿金属工業(ブラジル人・常用派遣/解雇)
 トラブルがあったとして派遣先を引き上げられ、その後時給が200円も下
がる派遣先への就労を断ったら、解雇されました。解雇の撤回等を求めて団
交を申し入れました。

名鉄バス(嘱託社員/本採用拒否)
 適正な教育・指導をすることなく、些細なミスをしたことや字が汚いなど
として、本採用を拒否(事実上の解雇)されました。本採用拒否の撤回を求
めて団交を申し入れました。

イワタツール(社員/退職強要等)
 身に覚えのない私的ネット閲覧で課長から糾弾され、退職勧奨を繰り返さ
れ、自宅待機を命じられました。事実無根のことで糾弾したこと等について
の謝罪と退職勧奨に応じる場合の条件について、団体交渉を申し入れました。

松原製作所(外国人・社員/給与減額)
 病気休職後復職したところ、一方的に1か月の有期雇用契約にされ、基本
給を64,000円も引き下げられました。さらに懲戒処分として3ヶ月間10%の
減給を言い渡されました。基本給減額の撤回と差額の支払い、10%減給処分
の撤回等を求めて申し入れを行いました。

KRC(パート社員/労働時間の一方的削減)
 契約期間中に労働時間を一方的に削減する提案をされました。また労働条
件について要望を出したところ、退職強要をされました。元通りの労働時間
で働くこと、退職強要等に対する謝罪等を求めて申し入れを行いました。

大塚フーズ(社員/解雇予告)
 店内で同僚と口論になったことをもって解雇を予告されました。解雇予告
の撤回と、面接時の説明と違う労働条件の是正等を求めて、団体交渉を申し
入れました。

2016年11月10日 (木)

シャープ闘争集結記念パーティー

11月6日、三重県松阪市で開催された、ユニオンみえフィリピン組合員の37名解雇撤回闘争の勝利解決記念集会に、名古屋ふれあいユニオンの仲間たちと参加しました。

立場の弱い外国人労働者が、解雇された全員の解雇を撤回させた画期的な闘い。参加された弁護士からは「愛知のユニオンも頑張れ」と鼓舞され、名古屋の仲間からは、みえの明るい闘いに感銘を受けたとの感想があった。

明日からの活動に活かしていきたい。

Img_1579_2





一心商事、中央労働委員会へ

11月1日、不当労働行為てんこ盛りの一心商事事件第一回調査のために中央労働委員会に行ってきた。

他の事件もあって今年ここに来るのは3回目。少しは慣れてきたが、「地方」から「中央」(東京)に何度も足を運ぶのは、物心共に負担は大きい。

Img_1574_2
Img_1576




東海労働弁護団第57回総会・参加報告

10月29日、東海労働弁護団第57回総会に参加しました。

労働法制改悪に反対する取り組みや、労働委員会改革、ブラックバイト弁護団やマタハラ弁護団からの報告、最低賃金1500円に向けた取り組みなど、例年に増して様々な意見、報告を受け、勉強になりました。

後半の川口美貴関西大教授の同一労働同一賃金に関する講演も、要点を突いた内容でした。ユニオンの活動を進める上で労働弁護団との連携は不可欠です。今期もよろしくお願いします。

Img_1564_3

Img_1569





« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »