« 労災はなかった!? | トップページ | 名古屋ふれあいユニオン第19回定期大会を開催 »

2017年3月24日 (金)

一心商事「刀事件」裁判、高裁でも労働者勝利判決

本日3月24日、一心商事株式会社社長(当時)から労働者が刀で脅され、自宅療養を要するストレス反応の障害を負わされたことに対する損害賠償請求事件についての控訴審判決が名古屋高等裁判所で言い渡された。

判決は社長側の控訴を棄却し、再び労働者側が全面勝利した。

そして今回の判決を前に、森田元社長は刑事事件としても暴力行為等処罰法で起訴され、その第1回公判が3月27日に行われる。

いまださまざまな不当労働行為について認めようとせず、労働組合に加入した労働者に対し、職場を隔離 するなど、非常識な対応を続ける会社に対し、これまでの行為を全面的に謝罪し、一切の不当労働行為を行わないよう、改めて申し入れたい。

« 労災はなかった!? | トップページ | 名古屋ふれあいユニオン第19回定期大会を開催 »