« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月26日 (水)

竹屋、第1回団体交渉報告

  7/25の19:00から、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)との初めての団交を行いました。

竹屋側から社長と弁護士を含む3名、組合から6名参加しました。
会議室の利用可能時間が2時間と短かったため、退職者が頻発する原因となっている案件に絞り話合いをしました。

  しかし、組合側から竹屋側に対し交渉内容を記した申入書を事前に送っていたのにも関わらず、竹屋側は回答を行うために必要な満足のいく資料が纏められておらず、事実確認に基づいた回答が出来ない状態で、さらに決裁者が出席しているにもかかわらず質問を持ち帰って検討するといった発言をするなど、あまりにお粗末な対応でした。

  時間内に交渉を行なったが持ち帰り検討となった内容については、8/10までに回答を提出するよう要求し、それについて竹屋側の承諾を得ました。
  また、今回交渉出来なかった申込書に記載の他の内容につきましては、8/3に引続き団交を行う事になりました。

  今後もより社員が働きやすい環境を目指し、交渉を進めていきます。

2017年7月11日 (火)

一心商事、現社長欠席での団交開催を回答

 労働争議が続く一心商事株式会社(業務用インスタント茶メーカー・本社名古屋市中村区)で、現社長の森田竜樹氏が突然退任を表明したのを受け、名古屋ふれあいユニオン及び同一心商事分会は、6月30日付で同社に対し団体交渉を申し入れていたところ、会社側代理人から7月26日開催での回答が届きました。

 しかし団体交渉に竜樹現社長は出席しない、と回答してきています。

 同社は現会長の森田伸二氏から竜樹氏に社長交代してからも不当労働行為がまったく止むことなく、刀事件の刑事裁判を除いても、当労組及び組合員との間で、中央労働委員会・愛知県労働委員会・仮処分裁判2件と現在も多くの争議が並行しています。

 こうした中、前回6月20日に開催された愛知県労働委員会調査期日において、現社長の竜樹氏が7月いっぱいで退社し別の会社にて就業する旨が明らかにされ、その後の社長自身の話によれば、8月からは現取締役K部長が社長に就任するとのことです。

 竜樹社長自身の話によっても、同社は組合との交渉や労働問題をうやむやにして終結させる手段を画策しているようです。これに関して組合は、団体交渉の場で誠実な情報開示を求めるとともに、決して違法行為のやり逃げを許さないたたかいを続けていく所存です。

 今月は7月19日に刑事裁判(会社側証人尋問)、20日に愛知県労働委員会、21日に中央労働委員会、25日に仮処分裁判、さらに、26日には今回回答されたように団体交渉が予定されています。

 和解協議も同時に進行中ではありますが、継続中の組合分会長に対する隔離部屋問題も含め、同社がこれまでの違法行為を真摯に反省するとともに問題解決に向けて誠実な対応を行うよう、組合は強く要求していきます。

 これからもみなさんご支援お願いいたします。

2017年7月10日 (月)

竹屋との団交の日程が決まりました。

7/6の18:00頃、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)から団交の日時・場所についての回答がありました。

日時については7/18の14:00から就業時間外の7/25の19:00に変更されましたが、場所については前回の回答と変わらず名古屋市中区丸の内で行ないたいとの事です。

当初は7/18の就業時間後に会社の近くで行うことをこちらから要求していたのですが、相手側弁護士の都合により開催日が1週間延びた事と、結局は変わらず相手側弁護士事務所に近い会場を指定してきた事に疑問を感じ交渉しました。
しかし、竹屋から団交会場まで移動距離があるため団交開始時間に遅れる可能性があることを容認してもらえる点、他の組合員が集まりやすい場所でもある点から、今回は要求を認める事としました。

また、新たに団交項目を追加する事も口頭で付け加えました。

これにより団交の開催が決定しました事を報告します。

2017年7月 2日 (日)

竹屋から団交の返答がありました

6/30の17:00ごろ、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)より約束通り団交申入れへの回答がありました。まずは誠意ある対応であったと感じます。

会社側の回答は、「開催日時は7/18 14:00から、場所は名古屋市丸ノ内」とのことで、平日のしかも勤務時間で勤務地から離れている設定でした。

そこで当労組より会社にお電話し、上記の回答について「参加を勤務時間と認め給与を保障すること」「会社から社外に出かけることを認めること」ならば了解できる旨お伝えし、そうでないならば勤務時間後に会社または会社近辺での開催とするよう申し入れたところ、後日回答をいただけるとのことです。

合わせて弁護士と会社側から2名参加と教えていただきました。
今回の参加者が、決裁権を持ち正しい判断をしていただける方々と信じ交渉に臨みたいと思います。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »