« 2017年7月 | トップページ

2017年8月18日 (金)

一心商事前社長、自身の発言に対し回答拒否!

 去る726日、未だ不当労働行為がやまない一心商事株式会社(業務用インスタント茶メーカー・本社名古屋市中村区)と当労組は、社長交代後(前社長森田竜樹氏から現社長倉地喜久雄氏へ交代)の会社の運営計画等を中心議題とした団体交渉を開催しました。そして交渉において会社側に回答要求していた内容について、先日会社側から回答がありました。

 当労組が特に問題としているのは、前社長森田竜樹氏が隔離部屋勤務(前記事参照)の当労組一心商事分会分会長に対し発言した内容です。しかしながら、それについては竜樹氏本人が「回答拒否」しているという理由で回答がありませんでした。同氏の発言内容は会社の運営に多大な影響を及ぼすと考えられるため現時点で発言の詳細は公開しませんが、会社経営者・役員としての資質を疑わざるを得ないものであり、今回の回答拒否が不当労働行為(不誠実団交)であることは言うまでもありません。

 さらに、竜樹氏の発言が真実ならば早急に全従業員及び関係者に知らせるべき内容であり、組合潰し目的の不当労働行為(支配介入)です。また、万が一発言が真実でないとなればこれもまた組合員への強迫行為にほかならず、不当労働行為(不利益取扱い、支配介入)です。
 竜樹氏は20177月末までで一心商事株式会社社長を退任し別の会社に就職するとのことでした。そうではあっても、社長であった当時の言動に関しては、当然ながらその説明責任を免れることはできません。

 このほか、労働委員会・裁判・団体交渉時にも確認しさらに先日は本人から現社長の倉地喜久雄氏にも設置予定を早急に知らせるよう伝えましたが、隔離部屋の分会長は現在もエアコンが設置されないアパートの一室に勤務させられています。毎年熱中症で多くの人が倒れその危険性が明白なのに、連日35度を超える部屋での勤務を命じられているのです。エアコンの設置について代理人は労働委員会や裁判の場では「早急に対処する」と述べながら、実際には全く改善されません。このことは、不当労働行為はもとより生命を脅かす危険な行為です。

 会長森田伸二氏・前社長森田竜樹氏・現社長倉地喜久雄氏はただ組合員を抑圧し組合潰しを謀るのではなく、これまでの違法行為を認識し、問題解決に向けて誠実に対応いただくよう強く望みます。

 これからもみなさんご支援お願いいたします。 

 

※前記事:仮処分裁判申立の記事

 

2017年8月17日 (木)

濃尾大花火大会に参加

8月14日、組合交流企画として、木曽川で行われた濃尾大花火大会に参加しました。

天候もよく、一宮側の河川敷は人人人で埋め尽くされていましたが、担当の組合員にしっかり場所を確保していただき、すばらしい花火を満喫しました。

来年はもっと多くの組合員の参加で鑑賞できればと思います。

2


1

2017年8月 4日 (金)

労働法制改悪阻止8・19国会議員会館前行動へ

日本労働弁護団が、残業代ゼロ法案・解雇の金銭解決制度に反対し、来る8月19日に国会前行動を呼びかけている(下記参照)。「全ての労働者・労働組合が一致団結して闘おう」との呼びかけに応え、コミュニティユニオン東海ネットワークとして、同行動に参加する。

----------------------------------------------------------------
〈日本労働弁護団〉8.19国会前行動のお知らせ  2017/7/28

意外や意外!? 日本労働弁護団60年の歴史において初の国会前行動です。安倍政権は、「働き方改革」を標榜しつつ、真っ向から矛盾する働き方改悪実現に向けて、着々とすすんでいます。その典型例が、労働時間規制の根幹を脅かす「定額¥働かせ放題法案」(=残業代ゼロ法案)。高度プロフェッショナル制度創設と裁量労働制の大幅規制緩和がその内容です。
もう一つ、解雇規制の緩和を狙った、「解雇の金銭解決制度」も着々と法制定に向けて動き出しています。
暑い夏、「真の働き方改革」を実現できるように、声をあげましょう!皆さま、ぜひご参集下さい。宜しくお願いします。

◆日 時:2017年8月19日(土) 16時~17時
◆場 所:衆議院第2議員会館前
◆主 催:日本労働弁護団(TEL03-3251-5363)

竹屋第二回団体交渉報告

   8/3の19:00から、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と2度目の団交を行いました。

 竹屋側から弁護士を含む2名、組合から6名参加しました。今回、組合側からは社長と社外顧問に対し出席を打診しましたが、両者共参加せず、弁護士にも決裁権に関する委任状も持していないなど、真剣に交渉に臨む姿勢が感じられない対応と感じました。

   今回の交渉内容につきましても社長の回答と、実際に行われている内容との整合性が無く、会社側の参加者も実態把握がうまく出来ていない様相でした。これも今の竹屋の異常な実態を表している事だと思います。

   しかし、交渉内容の一部に対しては改善の見込みを取り付けました。この内容について会社側の過ちをはっきりと認めさせ、誠意有る対応を求めていきます。

  今回交渉出来なかった申込書に記載の他の内容につきましては、8/28に引続き団交を行う事になりました。

  真実を弁護士にも話していない会社側の対応には、非常に情けなく感じました。このような現状を打開し、労働者の正しい権利が行使されるよう引き続き闘っていきます。

« 2017年7月 | トップページ