« 労働法制改悪阻止!東海行動 | トップページ | 竹屋との第11回団交の御報告 »

2018年6月27日 (水)

6月26日、名古屋駅前での街頭宣伝と労働局への申し入れ

「高プロ」反対、名古屋でも緊急行動
――トヨタ過労死遺族・内野博子さんも参加――

 コミュニティユニオン東海ネットワークは6月26日に、「『高プロ』強行採決阻止! 6・26一日行動」を行なった。これは、政府・与党が「働き方改革」一括法案の参議院・厚生労働委員会における強行採決をもくろむ中で取り組まれた緊急行動だ。この法案には、「定額働かせ放題」を合法化する、言わゆる 「高プロ」制の新設が盛り込まれている。

 昼の街頭行動には、トヨタ過労死遺族の内野博子さんも加わった。東海労働弁護団や愛労連や愛知健康センターからも参加が有った。

 コミュニティユニオン東海ネットワークは その後に愛知労働局を訪れた。そして、「高プロ」制導入に反対する申入書を提出して、「8時間 働けば暮らせる社会の実現」を訴えた。

 コミュニティユニオン東海ネットワークは、東海地方に在る個人加盟制労組などの連絡・協議組織である。ユニオンみえや名古屋ふれあいユニオンなどの16の組織から成っている。

26_3

Photo


« 労働法制改悪阻止!東海行動 | トップページ | 竹屋との第11回団交の御報告 »