« 「高プロ」導入強行糾弾! 名古屋で緊急抗議行動 | トップページ | 名古屋ふれあいユニオン公開学習会のお知らせ »

2018年6月29日 (金)

みどり化学に対し不当配転撤回を要求!

当労組と有限会社みどり化学(樹脂コーティング/名古屋市南区)は、2018515日、614日および627日の3回にわたり団体交渉を開催してきました。

 

当初の申し入れ内容は、「残業代差額の支払いや業務に相応する手当の支給、就業規則と付随規定等の開示、休憩の一斉付与」等に関するものでしたが、団体交渉を申し入れて以降、会社は当該組合員に対し不当と言わざるを得ない扱いを行っています。

 

驚くべきことに、314日に1回目の団体交渉開催を申し入れてから実際に団体交渉を開催するまでの間に、会社は組合員Aに対し突然の配置転換辞令を出したのです。

社印もないその辞令の発行日は420日(金)。社長は本人に対し配転理由の説明すらせず、週明けの423日(月)から移転先での就業を命じました。

タイミングからみても、団体交渉を申し入れたことがきっかけとしか考えられません。

 

この不当な配転に対しては団体交渉に出席した社長にも再三撤回を要求しましたが、現時点まで撤回の意思表示はありません。また、会社側からの配転理由説明はまったく現実に即したものではなく、組合員A精神的苦痛を伴いながら慣れない仕事を強いられています

 

さらに、会社側の説明によると、配転前の勤務先である南野工場の多くのパート従業員からAに対する苦情が寄せられ、「協調性がなくコミュニケーション能力に欠ける」との評価が下されている模様です。はたしてこれは本当なのでしょうか?

また、組合側からは南野工場の全パート従業員に聞き取り調査を行うよう申し入れていますが、社長は「すでに聞き取っている」と言っています。パート従業員の皆さんの総意で、A配転させられなければならないほど「協調性に欠ける人間」と判断されたのでしょうか?

 

一方、配転先工場においては、どうやらAに対する厳重な監視体制が敷かれているようです。

現在会社はAに対し、配転とは別に「懲戒処分を検討中」としています。その根拠とされているのは同じ部署で働く複数の従業員から寄せられたAに対する苦情とのこと。団体交渉の席上で具体的にどんな話があったか説明を受けましたが、「これで懲戒処分になるの?」といった内容ばかりです。

ただ、非常に気になるのは細々としたその内容。実態は定かではありませんが、「Aを監視しろ、Aが何か言ったら報告しろ」との指示が会社から出ているのでしょうか?そうだとしたら、完全に組合員を狙い撃ちにした不当労働行為に他なりません。

 

当労組は団体交渉の席上で再度本人から実態を説明した上で、「配転を撤回し、懲戒処分を行わないこと」を要求しました。

万が一このまま配転や処分が撤回されない場合、労働組合としては法律の範囲内で可能な限りの行動をもって解決を図らなければなりません。

 

回答期限の74日までに、会社が適切な対応をされるよう強く望みます。

« 「高プロ」導入強行糾弾! 名古屋で緊急抗議行動 | トップページ | 名古屋ふれあいユニオン公開学習会のお知らせ »