« 竹屋との第13回団交の御報告。 (その2) | トップページ | 9月26日、名港陸運裁判、高裁でも勝訴 »

2018年9月21日 (金)

第2回抗議行動のご報告。

9月19日、株式会社竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)本社前にて名古屋ふれあいユニオンの仲間と共に抗議行動を行いました。

前回の本社前抗議行動からほぼ2ヶ月、この間も当労組から梁川誠市社長に対して交渉の場に出席し、問題解決を図るよう何度も強く要求していましたが、梁川社長は頑なに交渉の場への参加を拒み続けました。


抗議行動当日、竹屋の始業開始に合わせ、名古屋ふれあいユニオンの組合員10名とともに梁川誠市社長への面会を求め、取り次いだ社員の方には何度も社長のところまでご足労いただきましたが、相変わらず「面会はしない」との回答。その後も粘り強く面会の要求をしましたが、こちらの要求は叶いませんでした。

面会をしないのであれば、近隣の方には心苦しいですが抗議活行動をするしかありません。竹屋受付にて、抗議行動を行う為の通告文と要求書を読み上げ、竹屋側に手渡しました。これにより正当な抗議活動を行いました。

おおよそ40分間当労組の組合員が抗議の声を次々と上げ、最後には梁川社長への要求を全員で読み上げ竹屋本社前での抗議行動を終了しました。


 この間、社内にいたであろう梁川誠市社長は表に出てくることもなく、無関心の姿勢を取り続けました。


近々、組合員3名に対する問題について労働委員会のあっせんを行う予定です。


 朝早く春日井まで足を運んでくれた組合員の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。あらゆる闘争を続け、不当に扱われた組合員の権利を勝ち取りますので、今後とも御協力お願いします。

« 竹屋との第13回団交の御報告。 (その2) | トップページ | 9月26日、名港陸運裁判、高裁でも勝訴 »

竹屋」カテゴリの記事