« 旭日産業からの回答に対し再申し入れ | トップページ | 海部ペリカン配送、団体交渉申し入れに応じず »

2018年12月12日 (水)

盟和ユニオン 活動報告

 盟和精工の労働組合、「盟和ユニオン」です。

 私達は、結成以来『前の工場長による不当配転』『係長の残業代毎日2時間カット』『55歳到達時の給与減額』などについて、会社と粘り強く交渉し改善してきました。これらは組合活動としては大きな成果だと思います。

 結成から2年が過ぎて現在新たにパート社員や嘱託社員の待遇問題について交渉しています。盟和精工には弁護士がついていますので、違法性の高い問題については改善して頂けましたが、『パート社員の給与問題』や、『パート社員や時短の嘱託社員に賞与を支給しない』、『作業着の無償支給』などの問題については、要求には応じられないというような態度を取っています。

パート社員の給与問題
 20年も働いているのに新入パート社員と同じ最低賃金レベルの時給(900円)しか支払われていないフルタイムパート社員について、会社から、「パートタイマーについて年功序列的な考え方を取っておりません。業務内容、作業内容及び習熟度等を総合的に判断して、妥当な時給金額と判断しております。」との回答を貰いました。年功序列ではないにしろ、習熟度を判断して頂けるなら、新入パートと同じ時給にはならないと考えますので、少なくとも1000円への昇給を考えて頂きたいです。

パート社員や時短の嘱託社員に賞与を支給しない
 盟和精工では、パート社員や時短の嘱託社員には賞与を支給しないことになっております。なぜでしょうか? それらの人も正社員と同じように仕事をしております。勤務時間が短いのであれば、その時間比率で賞与を検討して頂いても良いと考えます。

作業着の無償支給
 盟和精工では入社時の作業着(2着)は無償で支給されますが、3着目からは作業着の半額分の金額を労働者に負担させます。作業着は仕事で使うものです。当然、会社が全額負担するべきであると考えます。

 これらの問題について、今後も粘り強く交渉していきたいと思います。盟和精工で働くみなさんのご協力をお願いします。

« 旭日産業からの回答に対し再申し入れ | トップページ | 海部ペリカン配送、団体交渉申し入れに応じず »