« NDS、契約社員の雇い止め事件で交渉中(2) | トップページ | 藤田学園はパワハラに真剣に向き合え! »

2019年2月 1日 (金)

竹屋から新たな不当労働行為発生!!

  1月29日に続き、1月31日にまた新たな不当労働行為が株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)内で発生しました。

  当日は、あっせんの解決事案(詳細は開示不可)を行うため、当組合員1名が竹屋本社に行きました。会議室に入ると、竹屋側は管理職のK課長I 課長代理の2名と、本来参加する必要性がない労務顧問のT税理士が参加していました。

 そこで竹屋側は、1月29日に行われた不当労働行為(内容は近日公開)について、
・組合員の意思で退会を望んでいたかのような発言を言わせるよう、誘導する会話を高圧的に行う。
・組合員が当労働組合から、圧力を加えられるのではと、まるで組合を悪者とし組合員を懐柔する発言をする。
・前回の会話は、あくまでも「個人的なアドバイスを受けました」と一筆文章を書くよう要求する。
以上のような不当労働行為を上塗りする行為を、立て続けに行いました。

 当組合として、抗議文を送り強く抗議します。

 いち労働者が社内の会議室で、会社側の管理者2名と顧問が同席する中では、その場に飲み込まれ萎縮し、受け答えや自身の主張がまともに言える訳がありません。今回のような組合員を隔離し会社側から圧力をかけ発言を曲げる行為は、全国のブラック企業で多く見受けられる行為です。

 労働者はひとりでは無力です。特にこのような1人対多数では押さえ込まれてしまいます。しかしこのような場でも、組合員は出来る限り自分の主張を示しました。 

 あっせんが終了した日の翌日から不当労働行為を平然と行うような竹屋と、その労務顧問は絶対に考えを改めさせなければいけません!その為にこの記事を読んでる皆様、そして全国の労働組合の皆様、名古屋ふれあいユニオン竹屋分会に対しさらなる応援をお願いします。私達は決して負けません!!

 今回の不当労働行為の中心であるT労務顧問に対しては、竹屋側からの謝罪がない場合、今後実名を記載します。

« NDS、契約社員の雇い止め事件で交渉中(2) | トップページ | 藤田学園はパワハラに真剣に向き合え! »

竹屋」カテゴリの記事