« 竹屋との緊急団交の御報告。 | トップページ | 愛知 5・1メーデーに3000人 ――「8時間働けば暮らせる社会を」―― »

2019年4月17日 (水)

名港陸運事件の最高裁決定に際しての声明

 名港海運の関連会社の運送業「名港陸運」は2015年10月、長年働いてきた労働者の病気休業後の復職を認めず退職扱いにした。労働者は当労働組合の組合員であり、病後の復職を強く求めていた。

 同年12月、労働者は地位の確認と賃金の支払いを求める裁判を名古屋地方裁判所に提訴した。2年余りの審議の末、会社の退職扱いを無効とする判決が出された。そしてその後の名古屋高裁・最高裁でも結論は変わらず、本年3月12日、労働者の地位確認、賃金支払いが確定した。

 会社には、長い間労働者の復職を認めず、つらい思いをさせてきたことを深く反省し謝罪することを求める。そもそも労働者は病気休業後の復職に際し、会社の求める面談や書類提出にすべて応え、復職に向けた当労働組合との交渉の席でも復職後の勤務の仕方について協議していた。そのなかでの突然の「休職満了による退職」通知は労使協議をも無視した暴挙であり、この事実上の解雇に対して労働者が裁判提訴することに、当労組も全面的に協力した。

 裁判が始まると、会社は復職の是非とは無関係な労働者を中傷する主張を行うなど、不誠実な対応に終始した。さらに控訴・上告をすることによって、いたずらに裁判が引き延ばされた。
 当労組は、会社が裁判結果を厳粛に受け止め、労働者に謝罪し、直ちに職場に戻すよう強く求めるものである。


                          2019年4月17日
                         名古屋ふれあいユニオン

« 竹屋との緊急団交の御報告。 | トップページ | 愛知 5・1メーデーに3000人 ――「8時間働けば暮らせる社会を」―― »

名港陸運」カテゴリの記事