« 愛知 5・1メーデーに3000人 ――「8時間働けば暮らせる社会を」―― | トップページ | シモムラ・プランニング社に団体交渉を申し入れました »

2019年5月16日 (木)

全日検と交渉しています

 全日検で働くS係長が、昨年秋、配属先の過酷な労働環境の改善を目的として、代理人を通じて残業代について会社に質問状を送付したところ、それ以降短期間に2度にわたる配置転換を命じられました。また配転先で不当な扱いを受けているため、元の配属先に戻すことを求めて団体交渉を申し入れ、4月3日に第一回目の団体交渉が開催されました。

 配転と配転先での不当な扱いはS係長に降りかかった問題であるため、S係長自身が手を挙げ、先ずは自身の問題を解決するために交渉を開始しました。これは当ユニオンの全日検の仲間たちが抱える問題の一部に過ぎません。

 全日検での今後の活動については、正式な分会結成を目指し、S係長の問題も含めて、要求の根底にある全日検が抱える【係長職の長時間労働問題及び、その他の労働環境の改善】について、労働基準法とも照らし合わせ、法的観点から団体交渉を通じて粘り強く交渉していきます。

« 愛知 5・1メーデーに3000人 ――「8時間働けば暮らせる社会を」―― | トップページ | シモムラ・プランニング社に団体交渉を申し入れました »