カテゴリー「竹屋」の39件の記事

2019年2月28日 (木)

竹屋との緊急団交の御報告。

2/13に、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)から受けた不当労働行為に抗議するため緊急に団体交渉を行いました。

内容が内容なだけに該当する管理職2名と梁川社長及び、労務顧問の出席を要求しましたが、竹屋側からは弁護士とI課長代理の2名しか出席せず、梁川社長とK課長、そしてもっとも多くの不当労働行為(違法)発言をした税理士の豊島労務顧問の3名は出席しませんでした。

当組合からいつもより少ない7名が出席しました。
その理由は、今回の議題でもある不当労働行為を直に受けた組合員が、精神的ショックにより竹屋側の人間とは会える状況ではなかったためです。

今回、当組合は竹屋側に対し「脱退勧奨、組合攻撃、不誠実団交、組合員差別、あっせんでの合意事項の不履行及びあっせんでの虚偽の発言」といった多くの不当労働行為について、梁川社長からの謝罪文の提出と、豊島労務顧問の更迭を要求しました。

しかし、竹屋からの回答ではそのような事実は無く、特に脱退勧奨については組合員自ら脱退を相談し、それに回答したまでとのことでした。

実際、団交が始まると竹屋側は、対象の組合員が出席していないのでは確認が出来ないと抗議してきました。

そして、当組合が「竹屋側は確実な事実確認をしたのか」、「本当に豊島労務顧問とI課長代理、K課長は不当な発言は無かったのか」と回答を再度求めたところ、そのような事実は無いと回答しました。

竹屋側のその回答に対し、当組合からは以下のように具体的な内容を示しました。

「ストライキを行った組合員1人が割りを食った状況を組合は何もしてくれなかったのか?」

「他の組合員も普通一緒にストライキを行うが、あなた1人やらせてる、酷いくないか。」

「ストライキを行った事について、組合は何もしてくれないじゃないか。」

「組合を辞めたら。」

「他の組合員は手柄を欲しがっており、あなたは利用されている。」

「会社に戻るなら、組合を辞めて戻るかたちをとれば、梁川社長も納得する。」

「他の社員は組合活動に迷惑しているので、組合を辞めた方が周りに溶け込める。」

また、こうした脱退勧奨の中で、豊島労務顧問は組合が行う宣伝活動を

「ヤクザが行う行為」とも言っています

  さらに、

「ヤクザな世界から、普通の社会生活に戻りなさい。」

と、組合活動が反社会的活動かのように嘲笑しながら、脱退をすすめてきました。

これらのほか、豊島労務顧問の不当労働行為発言は列挙にいとまがなく、その場に同席していたI課長代理とK課長も豊島労務顧問の発言を制止せず、会話に賛同していました。

竹屋側は、以上のように当組合がしっかりと確証を持って抗議文を送っている事に今更驚き、そして顧問弁護士も実際に豊島労務顧問や、他の管理職から聞いている話と全然違う内容となっている事に困惑し、内容が内容なので事態を重く捉えて対応を検討するとの回答でした。

竹屋側からの最終回答(豊島労務顧問の処遇等について)は3/14提出としています(進捗報告を2/28まで)。

今回の不当労働行為については、あっせん合意の不執行やあっせん委員との会話を竹屋側が脱退勧奨に利用している事を踏まえ、労働委員会には報告しました。
今後、不当労働行為救済申立を行う段取りです。

影に隠れて不当労働行為を行い、都合が悪くなると距離を置く豊島労務顧問。


そして、不当労働行為が何なのかも良く知らない豊島氏に労務顧問を任せる梁川社長。
もはや怒りを通り越して呆れるだけです。

今回の不当労働行為の根幹は、竹屋内で中心として活動している組合員を人間関係的にも仕事的にも孤立させ、自発的な退職に向かわせるよう追い込む卑劣な行為です。

また組合を反社会勢力と揶揄するなどあまりにも酷い発言もあります。

この竹屋側の行為はふれあいユニオンや全国全てのユニオンに対する攻撃と考え、より一層闘争を進めていきますので、皆様の応援と協力をお願いします。

豊島労務顧問。

貴方の軽率な行為がクライアントである竹屋に対しこのような結果をもたらした事について、どうお考えですか?

2019年2月 1日 (金)

竹屋から新たな不当労働行為発生!!

  1月29日に続き、1月31日にまた新たな不当労働行為が株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)内で発生しました。

  当日は、あっせんの解決事案(詳細は開示不可)を行うため、当組合員1名が竹屋本社に行きました。会議室に入ると、竹屋側は管理職のK課長I 課長代理の2名と、本来参加する必要性がない労務顧問のT税理士が参加していました。

 そこで竹屋側は、1月29日に行われた不当労働行為(内容は近日公開)について、
・組合員の意思で退会を望んでいたかのような発言を言わせるよう、誘導する会話を高圧的に行う。
・組合員が当労働組合から、圧力を加えられるのではと、まるで組合を悪者とし組合員を懐柔する発言をする。
・前回の会話は、あくまでも「個人的なアドバイスを受けました」と一筆文章を書くよう要求する。
以上のような不当労働行為を上塗りする行為を、立て続けに行いました。

 当組合として、抗議文を送り強く抗議します。

 いち労働者が社内の会議室で、会社側の管理者2名と顧問が同席する中では、その場に飲み込まれ萎縮し、受け答えや自身の主張がまともに言える訳がありません。今回のような組合員を隔離し会社側から圧力をかけ発言を曲げる行為は、全国のブラック企業で多く見受けられる行為です。

 労働者はひとりでは無力です。特にこのような1人対多数では押さえ込まれてしまいます。しかしこのような場でも、組合員は出来る限り自分の主張を示しました。 

 あっせんが終了した日の翌日から不当労働行為を平然と行うような竹屋と、その労務顧問は絶対に考えを改めさせなければいけません!その為にこの記事を読んでる皆様、そして全国の労働組合の皆様、名古屋ふれあいユニオン竹屋分会に対しさらなる応援をお願いします。私達は決して負けません!!

 今回の不当労働行為の中心であるT労務顧問に対しては、竹屋側からの謝罪がない場合、今後実名を記載します。

2019年1月31日 (木)

竹屋から重大な不当労働行為発生!!

まさかのあっせん翌日の1/29に、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)が行った、当組合と組合員に対する不当労働行為について緊急団交の申し入れ本日行いました。
今回のような酷い内容は当組合として断じて許せず、強い憤り押さえきれません。

詳細については近日公開します。

竹屋・応援ファックスのお礼

竹屋労働委員会に向けて、全国ネットの組合員の皆様、ならびに東海ネットの組合員の皆様。勇気の出る応援ファックスを、株式会社 竹屋に送っていただき誠にありがとうございます!

あっせんで解決されなかった事件に対しましては、今後はより一層力を入れ全ての争議行為及び、全ての法的手段を用いまして闘争を続けますので、変わらぬご支援を引き続き宜しくお願いします。

遅くなりましたが、この場を借りてご挨拶いたします。

2019年1月15日 (火)

竹屋との第15回団交の御報告。

12/27、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と第15回目となる団体交渉を行いました。諸事情の為ご報告が遅れました事お詫びします。
今回も相変わらず梁川社長は出席せず、竹屋側からは弁護士と税理士兼労務顧問を含む3名、組合から8名の参加となりました。
今回の団交では、「組合員Aに対する業務上での差別」、「製造部従業員の事務所利用・パソコン利用が止められている件」、「(冬季賞与減額に関連し)会社は業績回復をどのように考えているのか」、について交渉しました。

先ず製造部の件についてですが、製造部門の社員に対し本社事務所への立ち入りを原則禁止とし、出張作業に対しての報告書を今迄パソコンで作成していたのに、最近突然に手書きで行わせ作業効率を著しく下げている問題について話し合いました。

これについては、社内展開の説明が悪く、そのような事実は無いとのことでしたので、今後は問題無く業務上必要の際には事務所にて作業が可能となりました。但し、今の時代報告書が手書きというのは非効率なので、今後はパソコンを利用できるよう継続して交渉しなければなりません。

次に冬季賞与に限らず、ここ暫く著しく低いベースでの支払いになっている賞与額に関連して、会社は今後どのように経営改善をし、社員の生活を安定させていけるだけの経営を成し遂げるのかについて話し合いました。

結論から言いますが、場当たり的な対応しかされてなく、抜本的な解決策は示されませんでした。

驚かされるのは、長期短期の売上目標すらなく、経営改善より社内業務の運用改善しか行えていない現実でした。

これでどう経営を改善し、ここ最近これだけ弱まった会社を立て直していくのか、梁川社長は何を考え代表として社長をされているのか全くわかりません。

そして現在、組合員Aに対して出張業務をさせず社内作業にのみ従事させている問題について、竹屋側の説明は全く話にならない内容でした。 

まず、ここ1年7ヶ月出張業務をさせ無い理由として、

・接骨院に通院しており腰が悪い。

・過去に私的な理由で出張業務を断った事がある。

との説明でしたが、接骨院に通院しているのは首が悪い為であり、かなり前から作業に支障が無いレベルまで改善してます。また会社は、他の作業者には骨折していても出張業務をさせており、これも正当性のある説明とは言えません。

さらに、出張業務を私的な理由で断ったことの無い作業者は皆無であり、皆なんらかの理由で出張業務を断っているのに、何故組合員Aだけ出張業務を充てられない仕打ちを受けなければならないのでしょうか。

これは、明らかに組合員差別であり不当労働行為にあたると当組合は考えています。

そして、これにより出張業務で発生する割増手当などが発生せず組合員Aの収入にも影響しています。この問題については次回の団交でも引き続き行っていきたいと考えています。

他にも竹屋側は組合員に対し、数々の不当な行為を行っており組合員は苦しい中闘っています。

全国のユニオンの皆様、並びに当ユニオンの組合員の皆様、そしてこのブログをご覧の皆様、竹屋分会の組合員は今後も竹屋と梁川誠市社長の不当な扱いが改善されるまで挫けること無く闘って行きます。

今後とも暖かいご支援をよろしくお願いします。

2018年11月21日 (水)

竹屋との第14回団交の御報告。

   1113日(火)、株式会社竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と第14回目となる団体交渉を行いました。竹屋側からは弁護士と初参加の税理士兼労務顧問(コンサルタント)を含む3名、組合から8名の参加となりました。


今回の団交では、現在ストライキ後の立入禁止命令を受け会社から就業を阻まれている組合員の事と、数々の問題を含みながら強行されている福岡転勤の問題について交渉しました。

 まず組合員Dが次の福岡転勤の候補に挙がっている中、竹屋側に対し転勤の免除を要求しました。

組合員Dは高齢の祖母を扶養しており、また祖母以外の同居家族は同じく高齢の父親しかいないため、組合員Dが度々祖母の生活を支援する必要があります。

今回のように介護が必要な家族を持つ社員の転勤については、会社として初の試みであるとのことでした。また、転勤については、「介護の事実確認の為に組合員Dの自宅を訪問し、父親と面談後に転勤に当たらせるか否かを判断する」と回答がありました。

この回答について、当組合としては労働者のプライバシーに大きく踏み込んだ行為であり、たとえ使用者であっても其処までの権利は無いと強く反対しました。
 最終的には組合員Dと面談後、転勤について配慮を検討するとの事で一旦は落ち着きました。


次に、現在立入禁止命令を受け、就業する事が出来ず苦悩している組合員Cについて交渉を行いました。

組合が要求している「立入禁止命令の撤回」や「ストライキ終了後の賃金請求」などについては、会社側から完全な0回答でした。

また、福岡転勤についての竹屋側の言い分として、「仕事の依頼が多くあり、残業手当などで本社勤務より多くの収入を得られるので、さらに手当を支給する事は無い。」とか、「福岡転勤によりスキルアップが見込めるので社員教育の一環でもある。事実、転勤者は本社に戻ってから等級や役職があがり給与は上がっている。」といった説明がありました。

しかし、不確定な仕事量をあてに収入を期待させて、現行の給与のまま二重生活となる転勤をさせ、それで問題無いと言うのはおかしな話です。

さらに、今回の団交で初めて転勤が技術教育の一環であると聞きましたが、それなら何故入社20年以上のベテラン社員を行かせるのでしょうか?

また、本社に戻ってから昇格し給与が上がるとの話もありましたが、それは当組合が団交で議題としてきたつい最近からであり、それ以前は等級も役職も上がる事はありませんでした。

今迄本社からは1人の転勤者のみで対応しており、今現在1人本社から転勤している社員がいる中で、さらに組合員Cに対し「福岡に戻って勤務を続けろ」というのも、業務の必要性の観点から全く説明がつきません。

このように一部を見ただけでも合理性や必要性が無く、生活を圧迫するだけの転勤である事は明確です。

この転勤を理由に過去多くの社員が退職しました。この不合理な転勤によってこれ以上多くの従業員に不利益を与えず、会社にとって貴重な従業員を失わないためにも、組合員Cのストライキは大変意義あるものです。

労務提供の意思も有る組合員Cに対し、未だに不当な扱いをする梁川社長と竹屋に対しては今後も引き続き抗議を続け、さらには他の法的対応を視野に入れつつ行動を進めて行きます。


このブログを見て下さった皆さん、未だにこのように不誠実な行為を続ける梁川社長と竹屋に対し、私達は強い意志を持ち抗議活動並びに交渉を続けていきますので、御支援のほどよろしくお願いいたします。

2018年10月17日 (水)

竹屋、組合員に立入禁止命令!?

   当ユニオン竹屋分会は、10/3に、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と第14回目となる団体交渉を行いました。竹屋側からは弁護士を含む2名、組合からオブザーバーを含む8名の参加となりました。

  今回の団交では、
・福岡転勤を理由に退職者が続出している事に対して、梁川社長はどの様な取組みをしているのか。
・組合員Cの賞与に対する、不当評価での大幅な減額の説明と撤回を要求。
・社内に取り付けられている、監視カメラについての運用説明と確認。  を交渉しました。

  また、組合員Aが過去に要求している算定資料の提示もせず、一方的に過去の未払い残業代と思われる金額を振り込んだ事についても抗議しました。この金額自体算定内容に不備が多く、また振り込んだ後に合意書を渡され、これで解決とは、社会通念上あり得ません。また、過去にも同様の事を行い、何度も抗議されたのにも関わらず、同じ行いを行う梁川社長は労働者の気持ちを考え、解決を進める意思は全く無いと感じられます。

  そして、竹屋内での情報伝達を行わなかった為、転勤先で不当な目に遭い苦渋の決断でストライキを行った組合員Bに対し、ストライキ明けの本社勤務を一切行わせず、また出勤すらも拒否する対応をしていきました。さらに竹屋側はそれでも納得がいかず出勤し、さらに業務指導を行っていた組合員Bを無断欠勤扱いにしていました。この事について、強く抗議を行いました。

   しかし、その後の10/12にあろう事か組合員Bに対し竹屋は会社への立ち入りを禁止する通知を出して来ました。事実、10/1から会社への出勤を黙認しているにも関わらず、このタイミングで立入禁止命令を出してくるとは、どう言う事なのか理解に苦しみ、またこれは労働の意思を示す従業員に対しても、不当な行為であり人権を踏みにじる重大な行為です。

   この件について、強く抗議をすると共にあらやる法的措置も進めます。また、この事を当ユニオンは非常に重くて受け止め、このような非道な行為をする梁川誠市社長を絶対に許しません!
  まだ、解決を怠る行為を続けるのであれば、全国のユニオンの仲間と共に、さらにあらゆる手を講じ闘争を行いますので、全国のユニオンの皆様のご協力と応援をお願いします。

2018年9月21日 (金)

第2回抗議行動のご報告。

9月19日、株式会社竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)本社前にて名古屋ふれあいユニオンの仲間と共に抗議行動を行いました。

前回の本社前抗議行動からほぼ2ヶ月、この間も当労組から梁川誠市社長に対して交渉の場に出席し、問題解決を図るよう何度も強く要求していましたが、梁川社長は頑なに交渉の場への参加を拒み続けました。


抗議行動当日、竹屋の始業開始に合わせ、名古屋ふれあいユニオンの組合員10名とともに梁川誠市社長への面会を求め、取り次いだ社員の方には何度も社長のところまでご足労いただきましたが、相変わらず「面会はしない」との回答。その後も粘り強く面会の要求をしましたが、こちらの要求は叶いませんでした。

面会をしないのであれば、近隣の方には心苦しいですが抗議活行動をするしかありません。竹屋受付にて、抗議行動を行う為の通告文と要求書を読み上げ、竹屋側に手渡しました。これにより正当な抗議活動を行いました。

おおよそ40分間当労組の組合員が抗議の声を次々と上げ、最後には梁川社長への要求を全員で読み上げ竹屋本社前での抗議行動を終了しました。


 この間、社内にいたであろう梁川誠市社長は表に出てくることもなく、無関心の姿勢を取り続けました。


近々、組合員3名に対する問題について労働委員会のあっせんを行う予定です。


 朝早く春日井まで足を運んでくれた組合員の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。あらゆる闘争を続け、不当に扱われた組合員の権利を勝ち取りますので、今後とも御協力お願いします。

2018年9月 1日 (土)

竹屋との第13回団交の御報告。 (その2)

「その1」からのつづき

次に、組合員Cの福岡転勤に対する手当支給の要求についてですが、これも組合員Cがストライキを起こす段階まで発展しているにもかかわらず、梁川社長はゼロ回答をしてきています。


さらに、九州が忙しく手が回らない状態での応援と言ってるにもかかわらず、次に転勤者を送る日を9月21日以降としており、転勤の必要性についての説明と整合性が取れていません。


こうした中、組合員Cのストライキ突入後に次の転勤者を指名していく段階で、指名された若く有望な社員が2名も退職の意思を示す事態も起こっています。


この様に問題が多い転勤を理由に、過去にもたくさんの大切な社員が退職していきました。しかし梁川社長はなんら対処をせずに放置するばかりか、社員の声を無視し続けています。

更なる退職者が増えては会社の業務に支障が出るのは明らかであり、現にこの2ヶ月で現場作業者が20人をきってしまい、顧客からの要望に対し満足に対応出来なくなっています。


当組合としても、会社が正常に運営を続けていく事を目指しさらなる活動を実行していく事が急務と判断しています。


そこで、分会長でもある組合員Aの不当配転及び不当降格と、書類送検されている現状ですら支払われていない未払い賃金の請求、そして他の組合員の問題と併せ、今後は労働委員会でのあっせんも行います。
また、自ら問題解決を行う事が出来ない梁川社長と経営陣への一層の抗議活動を行っていきます。


この記事をご覧になっている皆様、竹屋で未だ不当な扱いを受けている労働者を助け、また正しい会社運営を竹屋が行う事が出来る様運動を続けていきますので、応援をお願いします。


当組合は退職者がこれ以上出て今以上に会社の運営が苦しくならないよう、会社側に対し働きかけています。

この様な状況を招いた梁川社長が未だに交渉の場に出てこないのは理解できません!もういい加減に交渉の場に出て来て下さい!

竹屋との第13回団交の御報告。 (その1)

8月23日、株式会社 竹屋(ぱちんこ機関連の製造・販売/本社・春日井市)と第13回目となる団体交渉を行いました。

竹屋側からは弁護士を含む2名、組合から6名が参加。今回の団交では、引き続き組合員3人の問題について交渉しました。


先ず、組合員Bに対する不当な異動を撤回し元の職務に戻す要求についてですが、竹屋側は未だ主張を変えず、我々の正当な要求を受け入れませんでした。


また、団交前に組合員Bが異常に少ないボーナスの支給額(総支給30,000円)について査定内容を問い合わせたところ、不当配転により慣れない製造業務についたその短期間での評価になっていました。


さらに、その部署の管理者からは「情報漏洩している」という身に覚えのない嫌疑をかけられ、それを理由にもとの職場への復帰を拒否されました。
この事が最後の一押しとなり、苦渋の決断ですが、組合員Bは団交の場で退職届を提出しました。当組合としても、組合員Bの精神的健康並びに生活の安定を考えればやむを得ないと判断しました。


この様な流れで提出せざるを得なかった退職届には、当然ながら会社都合として退職する旨を書いております。しかし、梁川社長はそれを認めず自己都合として処理しようとしています。

組合員Bに対する竹屋のやり口は、リストラ対象者等に対する「嫌がらせ目的」の配転によくあるパターンです。
その労働者が苦手な、あるいは能力を発揮できない部署・業務に配転し、そこでのパフォーマンスをもって「できない社員」の烙印を押すのです。


梁川社長は、これまでも同じようなやり方で自分が気に入らない社員を全く違う部署に配転し、忘れた頃に「あいつ反省したか?」と言っていたそうです。
「反省」とはいったい何を意味するのかはわかりませんが、どうやら社長にとっては「反省させるため」の配転のようでした。


「その2」につづく

より以前の記事一覧