カテゴリー「行事、その他」の340件の記事

2018年10月10日 (水)

第30回コミュニティ・ユニオン全国交流集会・参加報告

10月6日~7日、岩手県盛岡市の繋温泉で、コミュニティ・ユニオン第30回全国交流「東北いわて集会」が開催された。当日は台風による航空機の欠航、当日朝の人身事故による新幹線遅延という不測の事態もあったが、290名の参加で30回という節目の集会を成功させることができた。

集会には、来賓として挨拶に立った日本労働弁護団の棗一郎幹事長が、働き方改革関連法案の欺瞞制を批判するとともに、今後予想される憲法改悪の動きに全国から反対の声を挙げるよう訴えた。
また岩手県知事の達増拓也氏も挨拶に立ち、ユニオン活動への期待を述べた。

私たち名古屋ふれあいユニオンからは、委員長・副委員長ら数名が参加し、東海ネットワークの仲間と共に、懇親会時に全国に挨拶をした。また二日目の分科会でも、二つの分科会の司会進行を務めるなど、集会の成功に向けて積極的に参加した。二日間、集会や懇親会を通じて全国の仲間と交流を深めることができた。

来年の交流集会は兵庫県の姫路で開催される。

Img_1527

Img_1538

Img_1550


2018年8月16日 (木)

ユニオン事務所 金山から名駅へ

金山から名駅へ
~名古屋ふれあいユニオン事務所移転のお知らせ~

 今年の定期大会での確認に基づき事務所移転先を検討してきましたが、この度下記の場所に決定いたしましたのでご報告します。8月27日から新事務所での業務を開始する予定です。
 長年親しんできた金山地域から名古屋駅地域へと移ります。かなりスペースが広くなるので、今回の移転を機に、東海・愛知におけるユニオン活動をこれまで以上に積極的に展開していきたいと思います。ご協力よろしくお願いします。

【8月27日以降の連絡先等】
*新住所 名古屋市中村区名駅5丁目16-17 花車ビル南館11号(2階)                      電話 052-526-0661  FAX 052-526-0662

*交通手段 名古屋市営地下鉄桜通線「国際センター」駅 徒歩3分
     名古屋駅(JR、市営地下鉄、あおなみ線、名鉄、近鉄) 徒歩10~12分

*外観(下記写真参照 はんこ屋の上)

*事務所内の主な施設
 大小併せて5つの部屋があり、事務作業、相談、会議、交渉等を同時に行うことが可能になりました。

※近日中に事務所開きを行う予定ですので、その際には是非お立ち寄りください。

Img1083










 

 

 

濃尾大花火大会・観覧会報告

8月14日、ユニオンの交流企画として、濃尾大花火大会を見に行きました。

愛知県と岐阜県の県境である木曽川をはさみ、両岸の一宮市と羽島市が共同で開催する花火大会で両岸で数千人の観客でにぎわいました。

ユニオンの組合員と家族約10名は、Yさんの献身的な「場所取り」によって、ベストポジションで見ることができ、次々と打ち上げられる花火の美しさ、迫力を堪能しました。

Img_1298

Img_1299




2018年7月28日 (土)

7月28日(土)公開学習会中止のお知らせ

本日(7月28日)開催を予定していた、当労組主催の公開学習会「働き方改革一括法案の問題に迫る!~労働法制大改定と今後の組合活動」は、台風接近による天候や交通の乱れが予想されるため、残念ながら本日の開催を中止することになりました。

参加を予定されていた方々にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。日を改めて開催したいと思いますので、その際には是非ご参加ください。

2018年7月15日 (日)

名古屋ふれあいユニオン公開学習会のお知らせ

 先日、国会で強行採択された「働き方改革一括法案」に対し、今後どのように対応していけばいいか、以下のとおり公開学習会を開催することになりました。

 愛知の地で、労働事件の弁護活動を多数取り組んでいる、名古屋共同法律事務所の中谷雄二弁護士を招いての学習会です。是非ご参加ください。

Photo

2018年6月29日 (金)

「高プロ」導入強行糾弾! 名古屋で緊急抗議行動

――「導入に労使合意必要。現場での闘い重要に」――

 「働き方改革」一括法案が6月29日の午前に、参議院本会議で可決・成立した。自民党や公明党や日本維新の会が賛成した。その他の野党各党などは反対した。

 法案成立を受けてコミュニティユニオン東海ネットワーク加盟の各労組や東海労働弁護団などは同日正午に緊急街頭行動に立った。全トヨタ労働組合の中村一三書記長は、「『高プロ』にせよ『残業月100時間(未満)』にせよ、労使合意が無ければ導入できない。職場現場での闘いが今後、いよいよ重要になってくる」と今後の闘いの方向を提起した。

 名古屋ふれあいユニオンの鶴丸周一郎委員長は、「闘いは法案成立では終わらない。ユニオンは今後も闘いを続けていく」と宣言した。

2018年6月27日 (水)

6月26日、名古屋駅前での街頭宣伝と労働局への申し入れ

「高プロ」反対、名古屋でも緊急行動
――トヨタ過労死遺族・内野博子さんも参加――

 コミュニティユニオン東海ネットワークは6月26日に、「『高プロ』強行採決阻止! 6・26一日行動」を行なった。これは、政府・与党が「働き方改革」一括法案の参議院・厚生労働委員会における強行採決をもくろむ中で取り組まれた緊急行動だ。この法案には、「定額働かせ放題」を合法化する、言わゆる 「高プロ」制の新設が盛り込まれている。

 昼の街頭行動には、トヨタ過労死遺族の内野博子さんも加わった。東海労働弁護団や愛労連や愛知健康センターからも参加が有った。

 コミュニティユニオン東海ネットワークは その後に愛知労働局を訪れた。そして、「高プロ」制導入に反対する申入書を提出して、「8時間 働けば暮らせる社会の実現」を訴えた。

 コミュニティユニオン東海ネットワークは、東海地方に在る個人加盟制労組などの連絡・協議組織である。ユニオンみえや名古屋ふれあいユニオンなどの16の組織から成っている。

26_3

Photo


2018年6月20日 (水)

労働法制改悪阻止!東海行動

   コミュニティユニオン東海ネットワークは6月19日に「労働法制改悪阻止! 6・19全国一斉行動in東海」の街頭行動を行いました。
  これは、CUNNが提起した全国一斉街頭行動の呼びかけにこたえたもので、高度プロフェッショナル制度の導入反対などを訴えました。

   参加者らは、街頭演説やビラまきのあと、トヨタ自動車や自民党・公明党・立憲民主党の各愛知県組織への要請行動を行いました。立憲民主党は、「志は同じ。共に闘う」と応じました。

  トヨタ自動社の入っているミッドランドスクエア前の行動の写真と、当日のチラシ、トヨタ自動車及び政党への申し入れ文書を添付します。
Photo

Photo_2


Photo_3


2018年5月22日 (火)

労働法制改悪に反対して全国キャラバン行動に参加

安倍政権は「働き方改革」と称して、残業代ゼロ・長時間労働容認に向けた労働法制の改悪を目論んでいます。

この間、名古屋ふれあいユニオンは、労働法制改悪に反対する全国キャラバン行動に参加し、三重・岐阜・愛知で宣伝活動を展開しました。以下、報告します。

 5月16日、京都から引き継いだ横断幕を掲げ、ユニオンみえではまずCDを流しながら街宣車で市街地を周回。次に三重県労働局を訪れ「働き方改革関連法案の撤回、8時間働けば暮らしていける賃金の実現、外国人労働者の権利保障」などを要請、各担当者からの回答後さらに詳細な議論を行った。その後は津駅前にて宣伝活動とビラまき。最後は集会で締めて、横断幕を名古屋ふれあいユニオンにつないだ。
 翌17日は、岐阜一般労組を中心に東海労働弁護団・名古屋ふれあいユニオンも加わり朝から岐阜駅前での宣伝活動とビラまき。それからユニオンみえの街宣車で市街地を周回、CDにて法案の不当性を訴えた。昼にも再度宣伝活動・ビラまきを行い、街宣車は名古屋へ。
 名古屋では栄にて宣伝活動とびらまき。愛労連・東海労働弁護団・愛知健康センター・全トヨタ労組・焼津ユニオン・名古屋ふれあいユニオンが参加。その後CDを流しながら市内を街宣車で市内を周回した。最後は名古屋駅前にて宣伝活動。栄の参加者のほかに笹島日雇労組と東海エキタスからも加わり、人混みの中法案阻止を強く訴えた。
 20時頃に三重・岐阜・愛知2日間のキャラバン行動を終え、焼津ユニオンの望月氏が横断幕を受け取り静岡につないだ。

2017年11月28日 (火)

ユニオンセミナー合宿を開催

 11月25日~26日、ユニオンの活動を担う人材育成のために開催している「ユニオンセミナー」の一環として、合宿交流が行われた。

 忙しい中、10名の仲間が参加。二つの交渉案件を素材に、団体交渉申入書の作成の仕方、団体交渉の取り組み方を、実践方式で学習した。

 1日目は午後6時からの開催だったので、学習は短時間でまとめて、「なべ」を囲んだ交流会をたっぷり行い、深夜まで様々な話題で盛り上がった。

 2日目は、2件分の「模擬団交」を行い、参加者が労使に別れて真剣に向かい合い、本当の交渉さながらの討議が行われた。

 名古屋ふれあいユニオンは、来年20周年を迎え、あらたな運動の展開が求められる。そしてその担い手も若返りをはかる必要がある。労働運動は、守備範囲が広く、習得には長い時間がかかる。今後もユニオンセミナーなどを通じて、組合の中心的な活動を担うメンバーを増やしていきたい。

より以前の記事一覧