カテゴリー「東洋商事」の2件の記事

2019年8月28日 (水)

(株)東洋商事は適正な賞与を支給せよ!

(株)東洋商事は 適正な賞与を支給せよ!

 

2019年夏季賞与について

当労組は株式会社東洋商事との交渉において、2019年夏季賞与について直近の2018年冬季賞与と同等以上の支給率を要求し、追加分の支払いを求め7/16と8/2の2回会社と団体交渉をしましたが妥結に至りませんでした。

東洋商事の従業員のみなさん、業績(利益)が極めて好調の時に賞与が大幅に引き下げられたなら、今後賞与のアップは見込めません。10万円の賞与で一生ガマンできますか?

 会社側が一番恐れているのは、従業員の団結です。今、声をあげなければ何も変わりません。

 

 

【東洋商事の問題点】

①業績(利益)がよくても下がる賞与

当労組が賞与の支給基準の回答を会社側に求めると、「利益でなく入荷量」と回答がきました。

入荷量に一番影響するのは、団交に参加している会社側管理職の仕事です。一般従業員に入荷量は教えられていません。これで納得できますか?

当労組は「利益あっての入荷量」であると考えています。儲かった分の一部を従業員に分配するのが賞与です。  支給基準自体が問題です。賞与支給前に会社側からあった説明と支給基準がまったく異なります。

 

②低すぎる基本給

会社側は「賞与は基本給の1カ月」と主張していますが、ほとんどの社員の基本給は毎月の給与の1/2~1/3程度の金額です。給与制度の基本給の低さが問題です。基本給の1カ月は給与の0.5~0.3カ月程度です。基本給は当然退職金にも関係します。

 

③経費削減努力は?

賞与額が抑制されている中、社用車等に関し適正な支出あるいは経費削減努力がなされているかどうかについて、当労組は団体交渉の席上で再三回答を求めてきました。しかし会社側は「調査して回答する」と言ったきりで一向に回答しません。つまりこれは、社用車等に関し“適正な支出あるいは経費削減努力をしていない”ということなのでしょうか?

 

④一般従業員に就業規則の閲覧が認められていない

労働基準法第106条「使用者は就業規則を常時各作業所の見やすい場所へ掲示しまたは備え付けること、…労働者に周知させなければならない」に違反しています。当労組は団交の中で、「一般従業員が就業規則を自由に閲覧できる」ように要求しています。賞与についての内容を含んでいます。

 

 今後は各事業所前で宣伝活動を行い、従業員の皆さんにより詳細な交渉状況や解決すべき問題点をお知らせしたいと考えています。

東洋商事を働きやすい会社にするため、みなさんのご支援・ご協力をお願いします!

 

2019年8月 8日 (木)

東洋商事と夏季賞与について交渉中

当労組は、株式会社東洋商事(愛知県東海市/金属リサイクル/代表取締役 山本清子)と2019年夏季賞与について交渉中です。

これまでの経緯も含め、交渉のおもな内容を以下に記載します(従業員への配布用ビラに記載した内容)。

 

**********************************************************

(株)東洋商事の従業員のみなさんへ

 

何年勤めても  

   10万円の賞与で

       ガマンできますか?

 

夏季賞与についての交渉経過

 当労組は2019年夏季賞与について、直近の2018年冬季賞与と同等以上の支給率を要求し、追加分の支払いを求め、7/16と8/2の2回会社と団体交渉をしましたが、妥結に至りませんでした。以下が交渉の内容です。

 今後、愛知県労働委員会へあっせん申請や抗議宣伝行動等を検討しています。

 

組合からの要求

◆直近の2018年冬季賞与と同等以上の支給率 (基本給に対する掛け率)の賞与を支給せよ。

◆基本給の2.0カ月、1.0カ月などを決定する賞与の支給率の基準は何か回答せよ。

◆2018年冬季賞与より支給率が下回る場合、その明確な理由を回答せよ。

 

会社側の回答

◆夏季賞与の追加支給は考えていない。

◆賞与の支給基準について、「取扱量(入荷t数)、安全に対する意識・行動、取扱量への貢献度、取引先との良好な関係への貢献度、上司の業務上の指示に対する遂行等を総合的判断する」(会社からの書面での回答より)

◆2018年冬季賞与より支給率が下回る理由については従業員に説明した。書面での回答はしない。

 

それぞれの主張

組合: 業績(利益)が極めて好調と思われるのに、前回の賞与より大幅に支給率が下がるのは不当である。

会社: 利益でなく、入荷t数を支給基準の最優先と考えている。賞与の基準は基本給の1カ月である。

組合: 基本給の1カ月は最低保証、業績がよければ支給率は上がると聞いているし、実際上がっている。

就業規則の賞与に「会社の業績等を勘案して」とある。従業員の賞与を下げる前に不適切な経費を見直す方

が先である。

会社: 経費については、調査して回答する。

  

組合員のKさんは、来年5月に定年退職を迎えます。東洋商事を雇用の安定した働きやすい会社にするため

に会社と交渉しています。みなさんのご支援・ご協力をお願いします! ともに抗議の声を!